2021年4月18日の説教要旨 列王記上17:8-24・コロサイ書3:1-11

「新しい命」      加藤秀久伝道師

*はじめに

 列王記上17章の始めには、エリヤが紹介されています。エリヤは、アハブ王に“干ばつ”を預言した預言者です。主の言葉がエリヤに臨みます。

今まで住んでいる所を離れ、ヨルダンの東にあるケリトという川のほとりに行き、身を隠せ」との言葉です。エリヤは住んでいる所を去り、その場所へ行き、とどまりました。エリヤは主の語りかけに答え、行動しました。彼は主の御心にかなった人でもありました。主はエリヤに、ケリト川の水と、数羽のカラスを送って食べ物を運ばせ、彼を飢えから守り、その後、飲み水であった川が涸れた時、主は再びエリヤに語りかけます。

*サレプタの一人のやもめ

 本日の箇所は、主の言葉から始まります。「立ってシドンのサレプタに行き、そこに住め。わたしは一人のやもめに命じて、そこであなたを養わせる」。そこでエリヤが町の入り口まで来ると一人のやもめが薪(たきぎ)を拾っていました。エリヤはやもめに声をかけ「器に少々水を持って来て、私に飲ませて下さい。」と頼み、さらに、「パンも一切れ、手に持って来て下さい」と言いました。しかし彼女はエリヤに、「私には焼いたパンなどありません。ただ壺(つぼ)の中に一握りの小麦粉と、瓶(かめ)の中にわずかな油があるだけです。私は二本の薪を拾って帰り、私と息子の食べ物を作るところです。私達は、それを食べてしまえば、あとは死ぬのを待つばかりです。」と答えました。エリヤは心配しないように告げ、先ずエリヤの為に小さいパン菓子を作り、そのあと自分達のために調理するようにと伝え、さらに主の言葉も伝えました「主が地の面に雨を降らせる日まで、壺の粉は尽きることなく、瓶の油はなくならない」と。私達だったらどうするでしょうか。このやもめは、その言葉通りに作り、与えました。するとエリヤの語った言葉通り、壺の粉も瓶の油も尽きることなく、彼女もエリヤも彼女の家の者も、食べ物を食べることができたのでした。

*息子の死

 ところがその後、息子が病気にかかり、病状は非常に重く、ついに息を引き取りました。やもめにとって、かつて死を覚悟したもののエリヤとの出会いにより奇跡がもたらされ、家の者達も生き延びることができたにもかかわらず一人息子が死ねば、これ迄生き延びたことは返って昔の不幸や、 それに伴う罪責が思い起こされ、結局は息子の生命を奪うためにエリヤが来たことになる・・と、やもめはエリヤに訴えました。

*「あなたはまことに神の人。あなたの口にある主の言葉は真実。」

エリヤは母親から息子を受け取り、自分のいる階上の部屋の寝台に寝かせて祈りました。そして子供の上に身を重ねてから「主よ、わが神よ、この子の命を元に返してください。」と祈りました。しかも一度だけでなく、三度も神様に訴えています。この身を重ねて祈る祈り方は、エリヤの祈りの切実さと、身を重ねることによって心臓の鼓動が亡くなった子供に直接伝わることで、エリヤの癒しの願いの真剣さがそこにあることを伺うことができます。主は、エリヤの祈りを聞き入れて、命を戻されたので子供は生き返りました。母親は、エリヤがまことに神の人であり、エリヤの口にある主の言葉は真実である、と、告白しました。

*「あなたがたはキリストと共に復活させられたのですから、上にあるものを求めなさい。そこでは、キリストが神の右の座に着いておられます。上にあるものに心を留め、地上のものに心を引かれないようにしなさい。」(コロサイ3:1-2)

 本日のコロサイ書は、神様を信じること、神様がなさることに目を  とめることを私達に教えています。私達がどんな状況にあろうとも目に見える今の状況に左右されることなく、真実を見ようとすること、神様の言葉を信じること、神様に思いを寄せること、神様を求めること、神様に祈ることです。私達は、神様との交わりを通して日々新たにされなければ、この地上で神様との正しい関係を築き上げていくことはできないと思います。私達はこの地上に存在し、この地上には誘惑されるものが沢山あります。それゆえ私達は、「上にあるものに心を留め、地上のものに心を引かれないようにしなさい」と、うながされているのです。

2021年1月31日の説教要旨  列王記上8:22-30・Ⅰコリント3:10-17

「神の神殿」     加藤 秀久伝道師

*はじめに 

ソロモン王は、主の契約の箱(十戒の石板が入っている)を置く住まいとして主の家・エルサレム神殿を建てました。王になって4年目(紀元前966年頃)に始まり7年かけて完成しました。新しい神殿に納められた主の箱は、厳粛な儀式と共に「ダビデの町・シオン」に置かれていた天幕の中から運び出され、主の箱だけではなく臨在の幕屋も、幕屋にあった聖なる祭具もすべて運びだされ、予定されていた所に移されました。

主は、神殿を建てるのは父ダビデではなく、息子ソロモンが神殿を建てると告げられていました(8:17~参照)。 本日の聖書は、その約束が実現して、ソロモン王がイスラエルの全会衆の前で主の祭壇の前に立ち、両手を天に伸ばして感謝の祈りをささげているところから始まります。

*祈る姿勢

父ダビデは、「今、わたしは聖所であなたを仰ぎ望み、あなたの力と栄えを見ています。あなたの慈しみは命にもまさる恵み。わたしの唇はあなたをほめたたえます。命のある限り、あなたをたたえ手を高く上げ、御名によって祈ります」(詩編63編)と祈っています。このように神様に両手を上げて祈る行為は、天におられる父なる神様に向けて、私達自身がすべてを明け渡し、従うことを表していると思います。

*神様は地上にお住まいになるか?

ソロモン王は、祈りの中で、神様がこの地上の限られた空間である「神殿」に果たして住まわれるのか(8:27)と問うたことに対して、主は9:3で、「私はあなたが建てたこの神殿を聖別し、そこに私の名をとこしえに置く」と仰せになっています。(申命記12:11には、礼拝の場所を、「あなたたちの神、主がその名を置くために選ばれる場所」と記され、イエス様もエルサレム神殿について、「わたしの家は、祈りの家と呼ばれるべきである」(マタイ21:13・イザヤ56:7)と引用されていて、神殿のその持ち主は「神様」であることが分かります。

エルサレムの語源には「シャレムの神の基礎」・「平和の基礎」のいずれかの意味があり、ここに神様に向かって礼拝する場所が出来たのです。

*コリントの教会

コリント教会は歴史が浅く、信徒達の信仰や霊的状況が未熟だったため、神様が第一ではなく、イエス様のことを伝えた伝道者に目が注がれ、「私はパウロにつく」「私はアポロにつく」など、信徒の間に分裂が起きていました(1:12)。そこでパウロは、人々の信仰を成長させて下さるのは、伝えた人ではなく神様の言葉に真理があることを述べて、

私達は神のために力を合わせて働く者であり、あなた方は神の畑、神の建物なのです。」と伝えています(3:9)。

*教会の働き

そうです。教会は一人の力では限界があり、大きな働きは出来ません。私達は神様の畑です。神様は私達に「み言葉」という種を蒔き、育てて下さり、実り豊かな作物を生み出そうとしておられます。私達は神様のために力を合わせて働く者達の群れ、共同体です。

*教会の土台

パウロは、「神からいただいた恵みによって、熟練した建築家のように土台を据えました。そして、他の人がその上に家を建てています。ただ、おのおの、どのように建てるかに注意すべきです(10節)」と記しています。パウロは、イエス様が人々の罪のために十字架にかかり、死んで葬られ、3日目に甦って、すでに教会の土台に据えられているのだから変更はできないとしています。そして、12節以下で、主は火によって、私達が土台の上に建てる仕事を吟味されると教えています。

さらに、教会の信徒達は「神様の宮」であること、神様の霊が私達の心に住んでいて下さるので、そのような人々の交わりに、不和、争い、分裂を持ち込む者達は、聖霊の働きを弱め、教会を破壊し、最後には神様によって滅ぼされる(3:17)ことを告げています。

私達は罪赦されて、神の神殿とされた者達です。ですから私達はイエス様のことを告げる、生きた証人として、この世へと出ていきましょう。

6月12日の説教要旨 「主は生きておられる」 有馬味付子先生(成増キリスト教会協力牧師)

列王記 17:1-16 マタイ7:2427

 はじめに

 私は、佐藤義子牧師とは東京神学大学の同期入学の友人です。仙台南伝道所が開設された時の礼拝で奏楽を担当しました。また、2008年の開設4周年記念感謝礼拝で説教を担当しました。以前お会いした教会員の息子さんに今日お会いして、大きく成長された姿に驚かされました。私自身も(東京の成増で)開拓伝道しており、仙台南伝道所も開設以来の12年間で様々なことがあったと思います。神様はその一つ一つを恵みに変えてくださる御方です。また、成長の種を与えてくださる御方、成長の試練を与えてくださる御方でもあります。神様の御名をほめたたえます!

 大災害がなぜ起きるのか?(問いと答え)

さて、5年前には東日本大震災があり、この地域にいらした方々は、関東にいた私には計り知れない苦労を体験されたことと思います。多くの方が苦労され、現在も苦労の最中にいらっしゃる方もおられると思います。神様の助けを祈ります。

大災害と言えば、最近も熊本・大分で、大地震がありました。人々は、そのような大災害に遭うと「なぜ、私がこんな目に遭うのか。」と言います。そして「神も仏もあったものじゃない!」と言われるのを聞きます。2011年の東日本大震災の後に、私の教会でも、教会員のお嬢さんが質問してきました。「なぜ、神様はあのような災害を起こされたのでしょう?」いろいろなお考えがあると思いますが、私はこう答えました。「これは、神様が起こしているわけではない。神様はこのような事態をお許しになってはいるけれども、神様が起こされているわけではない。神様は確かにこの大災害をお見過ごしになっている。それは、神様のお考えがあるからだ。それは、この災害を通して、私達に何かを学び、何かに活かしなさいとおっしゃっているのだ。」と。

 人間の傲慢さに対する神様の警告

今、臓器移植や再生医療など、人間は「命」を自分達でどうにかできると思っていたり、自然や弱い者達へのいたわりを後回しにして、経済を最優先にして世の中を動かそうとしたりしています。そのような傲慢=人間の驕り高ぶりに対して、人間よりはるかに大きな力「神の力」があるということを神様は教えられています。私達クリスチャンの言い方をすれば、「天と地、その中のすべてを造られた創造主たる神様」、この神様が「わたしこそ、まことの唯一の神であることを知れ!」とおっしゃっているのです。

 まことの神を信じること

「創造主」は、私達が知っているとおり、たった一人のまことの神です。でも、他の神もあります。6千年前からあるユダヤ教より以前にある神は、人間が造った神です。ですから、イエス・キリストを信じるとは、本当の神様を信じることです。本当の神様を信じるか、信じないか、どちらかしかありません。グレーはあり得ません。「信じたいけど、信じられない」と言う方もおられるのでしょうが、まことの神はただお一人だけだということは覚えていただきたいことです。

 イエス様を信じる者達の使命

大災害を通して、神様は、私達人間に「あなたがたは、わたしに造られたちっぽけな存在に過ぎない。命、すべてがわたし(神様)のものだ!」とおっしゃっているのです。こう言うと、イエス様を信じる人達は「なるほど!」と納得していただけると思います。「そうか!そのとおりだ!では悔い改めて、新しい出発をしよう!」と次のステップへ行くことできます。けれども、イエス様をまだ信じていない人々は「そう言われたって…。」と言って、気持ちの切り替えができずに、苦しみが続くことになります。なかなか希望を持って立ち上がることができないのです。ですから、大災害を通して、先にイエス様を信じる者達は、こういう方々が本当の神様を知って、本当の平安を与えられるように、真剣に祈りなさいと神様がおっしゃっていると理解すべきです。(週報の右下欄の「お祈りください」の所の大災害に遭われた方々への祈りのとおりです!)

 イエス様を信じる者達の希望

ところで、私達イエス様を信じる者達の希望とは何でしょうか?人々はお金持ちになりたいとか、有名人になりたいといった希望を抱きます。しかし、クリスチャンの抱く希望はただ一つ、最高かつ最大の希望です。それは、復活の命・永遠の命に与ることです。朽ちない、霊の体に変えられることです。それが私達のたった一つの、どんな災害や出来事にも壊されることのない希望です。

 世の終わりの裁き

やがて、この世の最後が来ます。聖書の考え方は直線です。神様がなさった「天地創造」には初めがあり、そして終わりがあると考えます。その終わりの時、イエス様の裁きがあると聖書は教えています。そして、一見似ている「羊」と「山羊」が分けられるとされています(マタイ25:31-46)。「羊」とされた者(イエス様を信じる者)には永遠の命が与えられ、「山羊」とされた者(イエス様を信じない者)には永遠の命は与えられません。

 神様の愛

けれども、神様は私達人間が滅びることは望まれていません。聖書に「神は、その独り子をお与えになったほどに世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。(ヨハネ4:16)。」とあります。だから、神様はイエス様をこの世に送ってくださいました。

神様は一人も滅びないでほしいと願っておられます。ですから、私達は、神様の愛に応えたいと必死になって生きているのです。

 どうしたら、一人も滅びないでいられるのか?

今日の新約聖書の箇所マタイによる福音書7章24-27節に、私達がどうしたら、一人も滅びないでいられるかを、イエス様がわかりやすく例え話で話してくださっています。2種類の人が出てきます。一人は、イエス様の御言葉を聞いて行う人、実行する人です。もう一人は、確かにイエス様の御言葉を聞くのですが、それを聞いただけで行わない人です。前者は、イエス様の御言葉を行動に移し、毎日毎日の生活で実行する人、イエス様の御言葉につながって生きようと一生懸命しています。そして、その人達は、イエス様の御言葉が生活の中に生きている人達です。後者は、イエス様の御言葉を聞いたのだけれども、ただ聞いただけの人達です。

 イエス様の御言葉を行う人と聞くだけの人

私達の多くが、礼拝で聞いた聖書の御言葉や説教を、礼拝堂を出たら、忘れてしまうことを経験しています。聞いても忘れます。だから、よほど気を付けていないとイエス様の御言葉を聞いて行うには程遠いのです。

聖書は、2種類の人をはっきりと区別しています。一方は賢い人、もう一方は愚かな人、はっきりと分けてしまっています。なぜなら、聞いて行う人は、先ほど申し上げた、最後の審判の時に、永遠の命を与えられる、でも、聞いても行わない人は、永遠の滅びに至る、賢い人は神様と共に永遠に生き続けるけれども、愚かな人は滅びてしまう、そういう大きな分かれ道に私達は立っています。本当に大きな二者択一を私達は迫られています。イエス様の御言葉を行う方を選ぶのか、いや聞くだけでいいとするかは各々の決断にかかっています。

 イエス様の御言葉を受け入れる

今日の新約聖書箇所の直前7章21節にこうあります。「わたしに向かって、『主よ、主よ』と言う者が皆、天国に入るわけではない。わたしの天の父の御心を行う者だけが入るのである。」イエス様の御言葉を聞いて行うのか、行わないのかということは、つまり、私達がイエス様を受け入れるのか、受け入れないのかということが問われているのです。夫婦関係、親子関係、近しい人間関係で、関係がぎくしゃくすると、相手の言葉を聞こえないふりをして、行動に結び付きません。聞いて行わないとは、まさに、相手を受け入れていないということです。相手を受け入れるということは必ず行いに出るわけです。ですから、イエス様の御言葉を聞いて行う人は、イエス様をしっかり、自分の主として心から受け入れている人です。そういう人は、イエス様が望んでおられることは何かということを一生懸命追い求めます。そして、何とか、イエス様に喜んでいただきたいと願う人です。

 主は生きておられる!

そうすると、不思議なことに、イエス様が生きて働いてくださることが、ひしひしと感じられるのです。イエス様が生きておられる!今、私のことを助けてくださった!そのことがよく感じられるのです。神様、イエス様、ありがとうございますということが、毎日の生活の中で、本当に時々刻々感じられるようになります。毎日の生活が喜びと感謝に満ち溢れます。

私事ですが、今年2月に私はパートナーを亡くしました。彼は結婚する前から病気がちで、長くは共に居られないと覚悟して結婚しましたが、足掛け47年の結婚生活となりました。大腸がんや心臓病など様々な大病をしましたが、絶対に体にメスを入れない、治療をしないという姿勢を貫きました。結局、47年間、共に過ごすことが出来ましたし、彼は、この間、説教を続けることを守られ、倒れる当日まで説教することができました。この経験によって、私は、「主は生きておられる!」と実感し続ける日々を与えられ、そのように確信しているのです。

また、仙台南伝道所の土地建物・私の教会の土地建物が与えられた経緯を考えても、「あー、神様は生きて働いてくださっている、私達の及ばない悠か遠くを見渡して、一つ一つを備えてくださっている」と感じますし、義子先生ともそのように語り合っています。

神様が生きて働いてくださる証し

「神様は生きて働いてくださる」本当にすごい御方なのです。今日の旧約聖書箇所の列王記(上)17章の箇所は私の大好きな箇所です。「壺の粉が尽きず、油が絶えない」というところが大好きです。神様を信じていれば、必ず必要な分は与えられるのです。

この旧約の箇所では、預言者エリヤは、神様がおっしゃった御言葉を即実行していますし、やもめ(未亡人)もエリヤの言った、神様の御言葉をそのとおり行っています。エリヤもやもめも、神様のおっしゃるとおりに、すぐ行ったのでした。それで、神様の恵みを受けることができました。2人は神様の御言葉に従って、すぐ行動しなければ、命が無かったのですが、2人はすぐ行動に移しました。それによって彼らは命をいただき、そして、エリヤもやもめも「主は生きておられます。」と告白したのです。

 私達も「主は生きておられます!」と実感できます

イエス様の御言葉に素直に従って、それを行うときに、私達も「主は生きておられます」と実感することができます。確かに主は生きておられます!途切れることなく、私達に愛を注ぎ、私達と共に生きて、働いてくださるのです。

今週も「主は生きておられる!」ということをはっきり、日々、心で、体で、魂で感じて、イエス様にしっかりつながって、毎日毎日を過ごしていくことができるよう、祈り求めましょう。