礼拝説教要旨 「ゲッセマネの祈り」 牧師 佐藤 義子

/n[マタイによる福音書] 26章36-46節 36 それから、イエスは弟子たちと一緒にゲツセマネという所に来て、「わたしが向こうへ行って祈っている間、ここに座っていなさい」と言われた。 37 ペトロおよびゼベダイの子二人を伴われたれたが、そのとき、悲しみもだえ始められた。 38 そして、彼らに言われた。「わたしは死ぬばかりに悲しい。ここを離れず、わたしと共に目を覚ましていなさい。」 39 少し進んで行って、うつ伏せになり、祈って言われた。「父よ、できることなら、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしの願いどおりではなく、御心のままに。」 40 それから、弟子たちのところへ戻って御覧になると、彼らは眠っていたので、ペトロに言わた。「あなたがたはこのように、わずかな一時もわたしと共に目を覚ましていられなかったのか。 41 誘惑に陥らぬよう、目を覚まして祈っていなさい。心は燃えても、肉体は弱い。」 42 更に、二度目に向こうへ行って祈られた。「父よ、わたしが飲まないかぎりこの杯が過ぎ去らないのでしたら、あなたの御心が行われますように。」 43 再び戻って御覧になると、弟子たちは眠っていた。ひどく眠かったのである。 44 そこで、彼らを離れ、また向こうへ行って、三度目も同じ言葉で祈られた。 45 それから、弟子たちのところに戻って来て言われた。「あなたがたはまだ眠っている。休んでいる。時が近づいた。人の子は罪人たちの手に引き渡される。 46 立て、行こう。見よ、わたしを裏切る者が来た。」 /nはじめに  本日の聖書は、最後の晩餐(木曜日)の後、イエス様が弟子達と一緒にオリーブ山のゲツセマネと呼ばれる園で祈りを捧げられたことが記されています。ゲツセマネは、イエス様がエルサレムに滞在されていた時にはたびたび祈りの場所とされていたようです。ゲツセマネに着くと、イエス様は弟子の中からペテロ・ヤコブ・ヨハネの三人を選び、更に奥へと祈りに行かれました。まもなくイエス様は悲しみもだえ始められ(37節)、三人の弟子に向かって「私は死ぬばかりに悲しい」「ここを離れず私と共に目を覚ましているように」(38節)と言われます。そして三人から少し離れた所でイエス様はうつ伏せになり祈られました。 /n三度の祈り  イエス様は三度にわたって祈られました。山上の説教で「あなた方が祈る時は異邦人のようにくどくどと述べてはならない。あなた方の父は願う前からあなた方に必要なものをご存知なのだ」(マタイ6:7)と教えられた、そのイエス様が三度祈られたのです。 /n第一の祈り    「<span style="font-weight:bold;">父よ、できることなら、この杯を私から過ぎ去らせて下さい。しかし、私の願い通りではなく、御心のままに</span>」。  杯とは十字架の死のことです。イエス様は十字架を出来るなら避けたいと願われました。しかし神様のご計画が全てにまさって優先されることをイエス様はよくご存知でした。この祈りは、神様の御計画の中に「十字架の死」以外の道は用意されているのかどうかを最終的に問い、確認するという大きな目的のもとに捧げられた祈りであるといえるでしょう。 /n第二・第三の祈り  少し離れた所で、苦しみを共にして祈って欲しいと願った3人の弟子達は、イエス様が戻られた時、眠っておりました。イエス様は「<span style="font-weight:bold;">誘惑に陥らぬよう、目を覚まして祈っていなさい。心は燃えても肉体は弱い。</span>」と声をかけられ、再び祈りに行かれました。「<span style="font-weight:bold;">父よ、私が飲まない限りこの杯が過ぎ去らないのでしたら、あなたの御心が行われますように</span>」(42節)。そして「<span style="font-weight:bold;">三度目も同じ言葉で祈られ</span>」(44節)ました。弟子達は眠ったままでした。 /n「御心が行なわれますように」  神様のご意志がそのままなされるようにとの祈りは、「汗が血のしたたるように地面に落ち」(ルカ22:44)ながらささげられた祈りでした。まさに苦闘の祈りでありました。なぜこれ程までに苦しみ祈られたのでしょうか。 /n罪が支払う報酬は死(ロマ6:23)   それは、死の恐怖からではなく、この死が神様に裁かれる罪人の死であったからです。コリント第二の手紙には、「罪と何のかかわりもない方を、神は私達の為に罪となさいました。 私達はその方によって神の義を得ることが出来たのです。」(5:21)とあります。イエス様の全生涯は、神様を父として、全てのことは父なる神様を通してなされました。神様の支配の下で親しく歩んでこられました。今、その関係が変わろうとしています。神様に従順に歩んできたイエス様が、神様に敵対して不従順に歩んできた者にされて裁かれようとしています。つまり不従順な者すべて(全人類)の罪を引き受けられて、神様の怒りを受け神様との交わりは断絶するのです。十字架の死は罪に対する裁きとして目の前にあります。 /n私の罪   本来なら私達がそれぞれ「自分の罪」に対する「裁き」をうけるのです。一般社会では法律を犯せばその罪に見合った裁きを受けます。私達が神様の前で犯す罪についても同じです。一番の罪は神様を神様とせず、自分を神として自己中心・自己絶対化の道を生きてきたことでしょう。さらに神様が律法を通して教えておられる人間の生き方に大きく違反してきたことです。人を愛することが出来ず、憎み、嫉妬する、復讐する。あるいはうそ・偽りを言う。真理に従わない等、罪がないといえる人は一人もいません。にもかかわらず、私達は自分の罪に見合った裁きを受ける覚悟はあるでしょうか。「十字架」はイエス様が負うのではなく、私達一人一人が負わなければならない罪の結果の死なのです。考えただけでも恐ろしいことです。すでに忘れてしまったことも含めて、私達はどれほど神様に逆らってきたでしょうか。しかも私達には自分の罪を赦していただく為に神様に差し出せるものは何一つありません。 /n私達の代わりに・・   このような私達に対してイエス様が代わりに神様の裁きを受けて下さったのが十字架です。ゲツセマネでの苦闘の祈りが、イエス様を、自ら進んで十字架の死・罪の裁きを引き受ける道へと導いたのです。共に祈ることを求められながら、眠りの中に過ごして祈る時間を空しく終らせてしまった弟子達の姿は私達の姿でもあります。 /nゲツセマネの祈りの後に・・   イエス様は力強く言われました。「立て、行こう。見よ、私を裏切る者が来た。」と。 翌日の金曜日朝9時に十字架につけられたイエス様は午後3時に息を引き取られました。(マルコ15:25‐参照) ヘブル書にはこうあります。「キリストは、肉において生きておられたとき、激しい叫び声をあげ、涙を流しながら、御自分を死から救う力のある方に、祈りと願いとをささげ、その畏れ敬う態度のゆえに聞き入れられました。キリストは御子であるにもかかわらず、多くの苦しみによって従順を学ばれました。」 /n私達の祈り  私達が毎日、「天の父なる神様」と、親しく祈ることが出来るのは、イエス様が十字架への道を引き受けて下さり、それによって私達の罪が赦されたから・神様との断絶の中に道をつけて下さったからであることを、しゅろの日曜日の今日、特に心に覚えたいと願うものです。

定期集会・行事

/n定期集会 -日曜礼拝            毎週日曜日 午前10時半-11時半 -子供の礼拝           毎週日曜日 午前 9時半-10時 -成人クラス           毎週日曜日 午前 10時 -10時20分 -祈祷会・聖書の学びと祈り  毎週木曜日 午後 13時- 14時 -全体祈祷会            毎月第一日曜日の礼拝後、共に祈ります。(自由参加です。) -キリスト教入門(いずみ会)   毎月第二水曜日 午前10時半-12時頃     /n行事  2月 スキー教室  8月 サマー・スペシャル・プログラム(一泊2日) 10月 芋煮会(野外礼拝) 12月 クリスマス礼拝・祝会     子供クリスマス ※東北学院、宮城学院と同じキリスト教です (ものみの塔、モルモン教、統一教会とは関係ありません)

説教者別礼拝説教要旨一覧

/n特別礼拝説教要旨(説教者名五十音順) -有馬 味付子 牧師(東京・練馬キリスト教会) –[http://d.hatena.ne.jp/sendai_minami/20080615:title=2008/06/15 「人生が変わる時」] -飯島 信 先生(池袋台湾教会) –[http://d.hatena.ne.jp/sendai_minami/20070819:title=2007/08/19 「主の言葉は永遠に残る」] -川上麻里先生(岩沼教会伝道師) –[http://d.hatena.ne.jp/sendai_minami/20080217:title=2008/02/17 「福音のはじめ」] -倉松 功 先生(前東北学院院長) –[http://d.hatena.ne.jp/sendai_minami/20070527:title=2007/05/27 「聖霊とわたしたち」] –[http://d.hatena.ne.jp/sendai_minami/20080420:title=2008/04/20 「福音の力」] –[http://d.hatena.ne.jp/sendai_minami/20080817:title=2008/08/17 「信仰によって知る」] -佐々木 哲夫 先生(東北学院大学) –[http://d.hatena.ne.jp/sendai_minami/20070708:title=2007/07/08 「レプトン銅貨二枚」] –[http://d.hatena.ne.jp/sendai_minami/20071111:title=2007/11/11 「ユダの裏切り」] –[http://d.hatena.ne.jp/sendai_minami/20080511:title=2008/05/11 「賜物としての聖霊」] -佐藤 順子 先生(東洋英和女学院) –[http://d.hatena.ne.jp/sendai_minami/20070909:title=2007/09/09 「神の言葉には力がある」] -鈴木 淳一 牧師(石巻山城町教会) –[http://d.hatena.ne.jp/sendai_minami/20080113:title=2008/01/13 「新しい朝に」] -鈴木 裵善姫 牧師(石巻山城町教会) –[http://d.hatena.ne.jp/sendai_minami/20070429:title=2007/04/29 「山から下る道」] -西谷 幸介 先生(東北学院大学) –[http://d.hatena.ne.jp/sendai_minami/20070617:title=2007/06/17 「裁くのは主です」] -原口 尚彰 先生(東北学院大学) –[http://d.hatena.ne.jp/sendai_minami/20071028:title=2007/10/28 「キリストによる和解」] –[http://d.hatena.ne.jp/sendai_minami/20080323:title=2008/03/23 「復活の主に出会う」] -Rev.Cally Roger Witte –[http://d.hatena.ne.jp/sendai_minami/20071202:title=2007/12/02 「もはや戦争を学ばない」]

先週(11月25日)の収穫感謝礼拝説教要旨 詩編104:19-31・ルカ12:13-21、33-34    「宝を天に積む」  倉松功先生(元東北学院院長) *はじめに   本日は収穫感謝の礼拝です。収穫感謝祭は国によって守る時期は異なります(ドイツでは10月第一日曜日・アメリカでは11月第4木曜日)。 アメリカでは収穫も含めて、その年に与えられた恵みに感謝し、それを 聖書に基づいて「施し」という形で感謝を表すということも行われていると聞いています。秋は農作物や果物が実り、それを収穫する喜び(そして 食する喜び)の時です。しかし収穫の喜びは、収穫にあずかる消費者には 解らない喜びが、耕作者にはあるだろうと思います。その点で日本の勤労感謝の日は、勤労(働くこと)によって生活を支え、家族を養うことが出来たことに感謝することで、対象が広がった収穫感謝であると思われます。  *だれに、何を感謝するのか。   収穫感謝であれ、勤労感謝であれ、誰に感謝するのでしょうか。日本では田んぼの神であったり、畑の神であったりしますが、私達は収穫感謝においては詩編にもありましたように、天地を創り自然を創り、自然を支配されている神に感謝するのです。勤労感謝であれば、私達に命を与えて下さり、家族を与え、つとめ(使命)を与えて下さっている神に感謝をするのです。キリスト教においては、天地を創り、自然を創られた神と、私達を創り、命を与え、家族を与えて、社会の一人として生きることを許して下さっている神は同じ神です。 ところで、耕作者でもなく、勤労者でもない者にとっては、感謝祭では 何を感謝するのでしょうか。現代のように不況の世の中において、仕事 を得られなかったり、得られた仕事も十分ではないという現実もありま す。そこで考えたいのは誰に何を感謝するのかです。 神がこの自然を創り、自然を導いており、同時に神が人間を創り、この 世界を導いていることに関連しますが、私達はそれぞれ一人の人間とし て創られています。一人の人間は、職業・仕事の他に、天職としての 仕事「つとめ」があります。それは父であり、夫であり、母であり、妻 であり、子供であり、家族の一員であり、一人の人間であることを通し て他の人に接する、かけがえのない「一人の人」であるということです。 *報酬を得ていなくても、人には「つとめ」がある。 宗教改革者は、たとえば主婦が台所に立ち、食事の用意をする。あるいは家の掃除をする。「その仕事の中で、その人は神に仕えている」と言いました。それぞれ神によって召された「つとめ」があります。特定な仕事を持っていなくても、報酬を得ていなくても、「一人の人間がそこにいる」ということは、そこに家族を持ち、家族の中にあり、社会の一員としてさまざまな形で人々に接している。そのこと自体、それが与えられたその人の「つとめ」です。金銭の報酬があるなしにかかわらず、男性であれ女性であれ、一人の人間として、さまざまな立場にあることが「神に召された聖なるつとめである」と、宗教改革者達は主張しました。  つまり、収穫感謝は、単に耕作者とか勤労者ということだけでなくて、一人の人間(男性・女性・夫・妻・親・子)であるという、そのことが、神によって召された存在であり、その自分の立場において、それぞれが 「つとめ」を果たすことにあります。それぞれが、自分の立場の中で神に仕えているという状況の中で、今日の聖書は、すべての人に向かって、働くことの目的や意味について語っています。 *宝を天に積む 21節に「自分のために富を積んでも、神の前に豊かにならない者(天 に宝を積まない者)は、この通りだ」(今夜、お前の命は取り上げられる)」と あります。つまり私達は、自分の為に富を積む(収穫する・稼ぐ)のではなく、神の前に豊かになる(=神に富を積む)ことを教えられています。33節には「自分の持ち物を売り払って、施しを必要としている人に施しなさい」「尽きることのない富を天に積みなさい」とあります。(「富」と訳されている語は「富」ではなく「宝」の意味。「富」は、お金や財産を思い浮かべるが、本来の意味はいろいろな「宝」と訳すべき言葉です)。これは、直接収穫したもの、お金・財産を含めて「宝」を天に積みなさいと教えています 「天に」の「天」とは、「神様の前に」「神のみもとに」ということです。そして31節には「ただ、神の国を求めなさい。」とあります。神の国を求めることと、宝を天に積むこととはどういう関係があるのでしょうか。 *神の国を求める 「神の国」という言葉は、キリストが福音を宣ベ伝えられた時、最初の第一声が、「神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」でした。 神の国は、キリストがそこで支配なさる。キリストと共にそこにある。 神の国を求めるとは、キリストを求めることです。キリストを離れて神の国はありません。 33節で、「自分の持ち物を売り払って施しなさい」と言っています。 これもキリストに従うこと、キリストを求めることの一つです。しかし、キリストに従うことやキリストを求めることは、具体的なこと・行為だけを言っているのではありません。まず第一にキリストを信じること。キリストを受け入れること。これが「宝を天に積む」ことの一つであるといえるでしょう。宝を天に積むとは、心の中で、あるいは気持で何かを考えるということではありません。それは、キリストが語られる場、キリストのなさったことが説かれる「礼拝」に参加する、ということになるでしょう。 *礼拝 「神の国を求める」とはキリストを求めることであり、キリストに従うことだと申しましたが、そのキリストが語られ、キリストがなされたことが説かれるのは礼拝です。礼拝に出席し、礼拝で説かれる御言葉を聴く。 もちろん、「聖書を読む」こともキリストを知る、キリストを信じることでは最も重要なことの一つであるといえます。 しかし生きた言葉でキリストにふれるということは、礼拝に出席し、礼拝で説かれる御言葉を聴くということです。そのことがキリストを 求め、神の国を求めることであり、そのことが宝を天に積むことです。アメリカにおいてもドイツにおいても、収穫感謝祭は、教会の暦の中に組み込まれており、一年の歩みの中で「感謝する為の礼拝」を守っています。 礼拝に於いて、私達はキリストについて聞くわけですが、何を聴くか といえば、「キリストが私共のために、神によって遣わされて、この世 界に来られた」。このことが第一に聞く言葉であり、知らされることで す。キリストが遣わされたことによって、私達が神の国を求めることも 可能となり、又、キリストを信じることも可能となりました。キリスト は、神様から私達に与えられた最大のプレゼントであり、私達はそのプ レゼントをいただくことに、神様への最大の感謝があるのです。   *感謝のみなもと    神様がキリストをプレゼントして下さった。それを私達が受け入れた。これが収穫感謝際の、最初の、そして最終の目的であり、感謝の源で あるといえるでしょう。 そういう意味で、神様が、キリストを「救い主」として遣わして下さ ったことによって礼拝を守っている、ということは大きな感謝です。 そしてキリストが教えておられること「神様を愛し、隣人を愛せよ。」「人にしてもらいたいと思うことは何でも人にしなさい」を、更に具体的に、今週も私達の日常生活の中で覚え、又、キリストの教えに従うために、キリストの助けを祈ることが出来るならば、収穫感謝をさらに 具体的に、形にあらわすということになるのではないかと思います。

ホームページ変更のお知らせ

<span class="deco" style="font-size:x-large;">仙台南伝道所のホームページを移動しました。</span> <span class="deco" style="font-size:xx-large;">http://sendaiminami.net/  <span class="deco" style="font-size:x-large;">■住所</span> <span class="deco" style="font-size:x-large;">〒982-0814 <span class="deco" style="font-size:x-large;">宮城県仙台市太白区 <span class="deco" style="font-size:x-large;">山田船渡前17-4</span> <span class="deco" style="font-size:x-large;">(旧教会地より約300m先に移転)</span> <span class="deco" style="font-size:x-large;">Tel/Fax:022-243-6710</span> <span class="deco" style="font-size:large;"><span class="deco" style="color:#00CC33;">■</span>仙台南伝道所 礼拝説教集</span> [f:id:sendai_minami:20150910173237j:image:medium:left]   <span class="deco" style="font-size:large;">伝道所開設10周年記念の   <span class="deco" style="font-size:large;">礼拝説教集ができました。</span>   <span class="deco" style="font-size:large;">ご希望の方は牧師までご連絡ください。 </span> /n定期集会 -日曜礼拝            毎週日曜日 午前10時半-11時半 -子供の礼拝           毎週日曜日 午前 9時半-10時 -成人クラス            毎週日曜日 午前 10時 -10時20分 -祈祷会・聖書の学びと祈り  毎週木曜日 午後 13時- 14時 -全体祈祷会            毎月第一日曜日の礼拝後、共に祈ります。 -キリスト教入門(いずみ会)   毎月第二水曜日 午前10時半-12時頃