説教要旨 「神の言葉には力がある」 佐藤順子先生(東洋英和女学院

/n[ヨハネによる福音書] 4章46-54節 46 イエスは、再びガリラヤのカナに行かれた。そこは、前にイエスが水をぶどう酒に変えられた所である。さて、カファルナウムに王の役人がいて、その息子が病気であった。 47 この人は、イエスがユダヤからガリラヤに来られたと聞き、イエスのもとに行き、カファルナウムまで下って来て息子をいやしてくださるように頼んだ。息子が死にかかっていたからである。 48 イエスは役人に、「あなたがたは、しるしや不思議な業を見なければ、決して信じない」と言われた。 49 役人は、「主よ、子供が死なないうちに、おいでください」と言った。 50 イエスは言われた。「帰りなさい。あなたの息子は生きる。」その人は、イエスの言われた言葉を信じて帰って行った。 51 ところが、下って行く途中、僕たちが迎えに来て、その子が生きていることを告げた。 52 そこで、息子の病気が良くなった時刻を尋ねると、僕たちは、「きのうの午後一時に熱が下がりました」と言った。 53 それは、イエスが「あなたの息子は生きる」と言われたのと同じ時刻であることを、この父親は知った。そして、彼もその家族もこぞって信じた。 54 これは、イエスがユダヤからガリラヤに来てなされた、二回目のしるしである。 /nはじめに  私は東京の幼稚園から大学院まであるキリスト教主義学校で30年聖書の教師をしてきましたが、しばらく前から校長(高校)という立場で仕事をしております。そこで今日は、学校の中で感じたことから説教をさせていただきたいと思います。 /n生きる力を身につける  最近耳にする言葉に「・・力」というのがあります。昔から学力、能力、体力、理解力、集中力、忍耐力など言われてきましたが、最近では「生活力」「人間力」「友達力」などと言われます。これは新しいカリキュラムのもとで、子供達に生きる力を身につけさせるということが全面に押し出された結果ではないかと思います。生きる力を身につける、といわれるようになったのは、それなりの理由があったからだと思います。  今日、教育の世界では、いじめ、不登校、学級崩壊、社会体験や生活体験の衰退・減少、道徳観念の低下、家庭教育のあり方や学校との連携の問題、モンスター・ピアレント(monster parent)という言葉もこの頃あります。又受験準備教育の過熱化など、教師達も家庭の保護者達も本当に神経をすり減らしているというのが現実です。その上に、社会の急速な変化があります。情報機器の発達、情報の氾濫、目に見えないバーチャルな世界での人との結びつき、そこから起こってくるさまざまな問題、子供達が知らない間に被害者・あるいは加害者になるという事件など問題が山のようにあり、こういうことを毎日見聞きしているのが現実です。このような現実社会の中で、子供達が自分自身を見失うことなく流れに押しつぶされないでしっかりと立って前を向いて歩けるように、「問題は何か」ということを見てとり、それをしっかり受けとめ、主体的にかかわりながら、「どうやって自分は生きるべきかということを教える」「生きる力を身につけさせる」ということは,非常に意味があることです。 /nスキル(skill)  「生きる力」といいますと、どうしても一種のskill(技術)のように取られてしまいます。skillは、熟練した技術、上手、腕前、技能、技と辞書にあります。生きる為skillを身につける、出会う問題にそのskillを時に応じて使い分けて立ち向かい問題を解決していくなら、それにこしたことはありません。けれども私達の人生において起こる問題は、そんなに簡単なものではなく、生きることそのものへの不安と恐怖、生きていくことに否定的になったり絶望的になったりする私達です。そのような時には、skillは全く意味がなく役に立ちません。 /n大人も同じ・・  生きることへの問題は、年をとるにつれて大人にも起こってきます。病気や老い、死の問題が私達を襲ってきます。生きる力が弱くなります。人間はいつの時代、いつの年齢にあっても、skillがあっても、生きる困難さがつきまとう、それが私達人間です。私達は将来のこと (年金や医療の問題、戦争や平和の問題、自然環境の問題など)に対してさまざまな不安や心配、恐怖などを持っています。これらに対して大人は大人なりに将来安心して生きていけるようにと備えを致します。備えは必要なことですが,どんなに備えをしても、何の為にこんな私が生きているのか、こんな私が生きていることに何の意味があるのかがわからなくなり、なぜ私だけがこんな目にあうのか、何で私は生き続けなければならないのかという問題は起こってきます。自分自身の 存在の意味と目的の不確実性の問題です。このような不安と恐怖、無意味さを抱いた時、生きる為のskillがあっても役にたちません。 /nさらに  私達を生かしている原動力の一つに誇り・名誉・自尊心があります。人より優れている点、強み、立派な点(家柄、学歴、経済力、高価なものを沢山持っている)など、人より少しでも優れていることは私達を強くさせる、ということもあります。しかしそれらは、生きる目的、意味には決して答えず、力にならないことを私達はよく知っています。 /nskillによらない生き方  では技術ではない生きる力とは何なのでしょうか。今日読んでいただいた聖書の箇所に目を向けながら、考えてみたいと思います。  ガリラヤのカナで水をぶどう酒に変えるという最初のしるしを行なったイエス様は、再びカナに戻られて第二のしるし「王様の役人の息子をいやす」というしるしを行った出来事が記されています。内容は、ある王の役人に一人息子がおり、その息子は病気でした。しかも今にも死にそうなほどでした。イエス様が来られると聞き,役人はイエス様の所に来て「どうぞ息子のいる家まで来て息子の病気を治して下さい」と願い出ました。地位や名誉や体面などあったでしょうがそれらを全部かなぐり捨てて必死に願ったのでしょう。けれどもイエス様は、「あなたがたは奇蹟を見なければ決して信じない」と言われました。死にそうな息子を持つ父親にとってはとても冷たいものでした。でも役人はあきらめずに「息子が死なないうちにおいで下さい」とすがるように言いました。するとイエス様は「帰りなさい。あなたの息子は生きる」とおっしゃいました。 /n「帰りなさい」  「帰る」とは、もと居た所に戻るということですが、ここでは戻るより「行きなさい」を表す言葉が使われています。「あちらに行きなさい」ということです。あちらとは「新しい事態」が待ち受けている所、新しい事態とは「あなたの息子は生きている」ということです。口語訳聖書では「助かる」と訳されましたが、ここでは「生きる」と訳されています。これは死にそうだったのが助かった、病気が治った、死ぬの反対語、というより「新しく生きるようになる」という意味が込められています。 /n新しく生きる  どのように新しいのでしょうか。病気が治ったという新しさは勿論です。けれどもそれだけではなく、「イエス様の言葉には力があってイエス様の言葉で生かされたという信仰と喜びのある所」に行きなさい、というふうに私には感じられます。そう言われた役人は、「イエスの言われた言葉を信じて帰って行った」(50節)とあります。 /n「自分に」  口語訳聖書では「その人はイエスが自分に言われた言葉を信じて帰っていった。」となっています。この役人は今ここで必死に願っている「自分」に向かってイエス様が言われた言葉としてしっかり受けとめて帰っていったのです。 聖書の言葉を自分に語っている言葉として受け止め,信じることの大切さ。そこに新しい事態が生まれる、新しい生き方が与えられる、ということを示しているのだと思います。役人が「帰っていった」というのも、「まったく新しい事態が起こっている所に向かって行った」ということです。 /n同じ時刻にいやされた  役人がイエス様の言葉に対する確信に満たされて歩いている途中、迎えのしもべ達から息子が生きていることを教えられました。そして息子の病気が良くなった時間を聞いてみると「あなたの息子は生きる」と言われた同じ時刻であったことを父親は知るのです。イエス様の言葉が発せられた同じ時刻に、いやしがなされたことを知ったのです。どんなに驚いたことでしょう。けれどもこの父親はただ驚くだけではありませんでした。イエス様の言葉には大きくて不思議な力があること、死にそうな人を生かす力があることを知ったのです。そして家族の人達全員でイエス様を救い主と信じるようになったというのです。 /nしるし  この出来事は二度目の「しるし」であるとヨハネは記しています(54節)。 奇蹟がしるしといわれるのはイエス様が救い主であることを示しているからです。イエス様が救い主であることを明らかにして、それによってイエス様が救い主であることの栄光を表したのです。この奇蹟は「イエス様が救い主であることを示すしるし」になったのです。 /nこの話の中心は  この話の中心は役人の信仰、見ないで信じる信仰、イエス様の言葉を信じる信仰、ということではありません。彼の信仰は決して賞賛されてはいません。この話の中心はあくまでもイエス様です。もっと正確にいうなら「イエス様の言葉の力」です。イエス様はヨハネ福音書でいうなら「神の言葉」そのものです。肉体をもって来られた「神の言葉」です。では何を語る神の言葉でしょうか。いうまでもなく「神の愛」です。「神はあなたを愛していますよ」ということを伝える神の言葉です。「あなたがどんな人でもどんな状況にあっても、あなたを愛していますよ。」「あなたの罪を、独り子イエス様を十字架につけるほどまでして赦して下さるそのような愛を、神様はあなたに向かって注いでいますよ」ということを語る神の言葉です。 /n神様の言葉には力がある  神様の言葉には力があり人を生かす力があることを、役人の息子のいやしの出来事も語っておりますし、聖書全体で繰り返し繰り返し教えてくれます。誰かに愛されているということ、私は愛されている存在だと感じられること、このことが人を勇気づけ、生きようとさせるのです。これは人間の言葉もそうです。人からかけられた暖かい言葉、やさしい言葉、励ましの言葉でどんなに私達は嬉しく力を与えられたことでしょう。けれどもその言葉の持つ威力も限りがあります。イエス様の言葉、神様の言葉は限りがありません。教会が伝えなければいけないこと、私が働いているキリスト教学校が伝えなければいけないことは、まさに神様の愛であり、聖書の言葉、神様の言葉だと思います。そしてそこから子供達が本当に生きる力が与えられるのだと思います。聖書の言葉を教えることなしに生きる力をつけさせることは出来ないと私は思います。 /n牧師の家庭に生まれて  私は牧師の家庭に生まれ、行きたくなくても日曜日毎に教会に行き、祈りたくなくても家庭の祈りで祈るという生活をしている内に、神様の言葉を信じる信仰が芽生え、聖書の言葉から励ましや慰めや力が与えられて今日までまいりました。そんなに裕福ではない,むしろ世間から見れば貧しい生活であったと思いますが、神様に仕え,教会の為に働く両親と家族の為に神様は一番良いことをして下さるということを身をもって 経験してきました。神様の言葉を信じて神様に頼る者に神様は決して悪いようにはなさらないと確信を抱くようになりました。 どのような状況の中でも,その只中に神様の言葉を語って下さるイエス様が共にいて下さること、その信仰によってどのような状況でも勇気と希望を見出して先に進むことが出来ました。生きることが出来る力としての信仰、私自身の信仰が弱くてもいつも神様が言葉を通して力づけ励まして信仰を少しずつ強めてきて下さったのです。両親の姿から、このような信仰に導かれ育てられたことを本当に感謝しています。 /n両親の残したもの   両親が亡くなった後、その住まいの整理をしましたが、つつましく生きた二人には財産などというものは一つもありませんでした。それでも私は両親が貧乏で不幸せであったなどと一度も感じたことはありませんでした。神様を信じ感謝と喜びの生活をしていた二人は、あるものに満足し、置かれた状況の中で神様を頼りに生き生きと生活し、亡くなった時に必要なものは十分過ぎるほど用意して神様に召されていきました。両親が残してくれたもの、それは救い主を信じる信仰、聖書に記されている神様の言葉を信じる信仰である、とつくづく思いました。この遺産こそ、お金やものや手につけた技術skillと比べものにならない、もっともっと高価で価値のある遺産であると思いました。 *p17*「帰りなさい。新しい状況が待っているところに行きなさい。あなたは生きる。」  こう言ってくれるのは神様の言葉であるイエス様だけです。神様の言葉を信じイエス様を救い主と信じること、これこそがどのような状況の時でも私達を生かす力であり、神様の言葉,イエス様の言葉こそが真に生きる力だと聖書は教えていてくれます。使徒パウロは「十字架の言葉は、滅んでいく者にとっては愚かなものですが、私達救われる者にとっては神の力です」(コリントⅠ1:18)と言いました。神様はたった独りの子供を十字架につけるほどにあなたを愛していますよという十字架の言葉が、私達にとって神の力であり生きる力であることを心にとめていきたいと思います。そしてキリストの教会と、それに連なるクリスチャンである私達、そして日本中に存在するキリスト教の学校が共に連携しながら、神様の言葉、イエス様の十字架を人々に伝える貴いつとめをしっかりと果たしていく者になりたいと願っております。 (文責 佐藤義子)

「つまずきを来たらす人はわざわいなるかな」 (文語訳)

/n[マタイによる福音書] 18章6-9節 6 「しかし、わたしを信じるこれらの小さな者の一人をつまずかせる者は、大きな石臼を首に懸けられて、深い海に沈められる方がましである。 7 世は人をつまずかせるから不幸だ。つまずきは避けられない。だが、つまずきをもたらす者は不幸である。 8 もし片方の手か足があなたをつまずかせるなら、それを切って捨ててしまいなさい。両手両足がそろったまま永遠の火に投げ込まれるよりは、片手片足になっても命にあずかる方がよい。 9 もし片方の目があなたをつまずかせるなら、えぐり出して捨ててしまいなさい。両方の目がそろったまま火の地獄に投げ込まれるよりは、一つの目になっても命にあずかる方がよい。」 /nはじめに  前回、天の国に入るには心を入れ替えて子供のようになること(地位を求めず、無条件の信頼の中で生き、偉くなろうと思わず、ありのままで、偽善がなく,貪欲でなく、自分にふさわしいことで満足するetc.)(18:3)を学びました。今日は「つまずき」について学びます。 /nつまずく  「つまずく」とはイエス・キリストの福音から離れる、信仰を捨ててしまうことです。つまずかせる者とは、信仰者を福音から離れさせてしまう人です。そのようなことをする位なら、その人は深い海に沈められた方が良いというきびしい言葉がここにあります。 /n「世は人をつまずかせるから不幸だ」  昔も今も、この世には人々を神様から離れさせる誘惑が数え切れないほどあり、それらは避けられないとあります。しかしもし私達が人々のつまずきの石となるならば、「わざわいなるかな」(説教題)です。 /n教会の中で・・  つまずきの問題は、著者マタイの教会にあったことが考えられますが、コリントやガラテヤの教会にもありました。パウロは相手をつまずかせない為にどのようにすべきかを「ローマの信徒への手紙14章」や「コリントの信徒への手紙8章,10章」で教えています。たとえば宗教上の理由で菜食主義を通している人達がおりましたが、この人達に対して、肉食主義者は軽蔑せず、菜食主義者の前には肉を置いてはいけないと教えます。又、宗教上の理由で特定の日や特別な何かを大事にしている人がいても、各自が自分の心の確信に従ってやっていることなので干渉する必要はないこと。又、キリスト者になっても長い習慣からなかなか抜けきれずに、古い考え方の中で信仰を守っている人達に対して批判してはいけないこと。自分はすべてのことにおいて自由であっても、他人が自分のやることにつまずくのであれば、他人の良心を傷つけない為に不自由を甘んじて受けるように教えます。彼らの弱い良心を傷つけることは罪を犯すこと(コリント8: 11‐12)なのです。 /nつまずきの原因を切り捨てよ  8節以下では、この世の罪の誘惑に自分自身の肉体がひきずられて つまずくようであれば、断固たる決断をもって肉体を切り捨てるように(悪を避ける為には最も高価なものをも捨てよ)と教えています。この厳しい言葉は、山上の説教「体の一部がなくなっても、全身が地獄に投げ込まれない方がましである。」で学びました。二度も同じ忠告があるということは、悪への誘惑がどれほど強いかを示しています。  教会は「小さい者」の群れです。私達の罪への堕落は結果的に他人をつまずかせることになり、神様の裁きを招くことになります。 /n戦いは終らない  「つまずきは避けられない。」(7節)のです。それゆえ、つまずきに対する戦いは終ることはありません。 /n十字架の意味を知る  ある神学者(関根正雄氏)が、教会の中で人をつまずかせる者は、十字架がわかっていない、と言いました。十字架のない所では行為が評価され、立派な信仰を目指すようになるというのです。人が行為で救われるなら十字架は必要でなくなります。人は律法を行ない得ないゆえにイエス様は十字架で死んで下さいました。それによって罪が赦され救われたのであって,誰一人神様の前に誇れるものはありません。  十字架によって私達に義が与えられ、それによって天の国に入る道が備えられたのに、十字架以外に天の国に入る基準があるかのように教える人は、人をつまずかせる「わざわいなるかな」と言われる人です。 /n正しく理解し、従う。  私達の伝道所は、自由な個人が互いに愛し合う「本当のキリストの弟子」(ヨハネ8:31)から成る教会を目指しています。その為にはイエス様の教えを正しく理解し、正しく従うこと以外にはありません。「生身の人間だから仕方がない」などと妥協せず、イエス様の教えと照らし合わせながら歩む努力と、イエス様が一人一人を大切にされたように、互いに愛をもって祈り支え合う(=つまずかせない)歩みをしていく為に、今週もイエス様にしっかりつながって歩みたいと願うものです。

説教要旨 「幼子のようになる」 牧師 佐藤義子

/n[マタイによる福音書] 18章1-5節 1 そのとき、弟子たちがイエスのところに来て、「いったいだれが、天の国でいちばん偉いのでしょうか」と言った。 2 そこで、イエスは一人の子供を呼び寄せ、彼らの中に立たせて、 3 言われた。「はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない。 4 自分を低くして、この子供のようになる人が、天の国でいちばん偉いのだ。 5 わたしの名のためにこのような一人の子供を受け入れる者は、わたしを受け入れるのである。」 /nはじめに  弟子達はイエス様に「一体誰が、天の国で一番偉いのか」と聞きました。一番,二番というのは私達が生きる人間社会においては日常茶飯事に使われている言葉であり、人の間に序列をつけることです。この質問の根底には、自分は偉くなりたい(出来たら一番偉くなりたい)、「他人よりも自分が!」という気持があります。さらにユダヤ教の影響があります。ユダヤ教では信仰を、己をたてる道、己を立派にする道と考えていました。 /nイエス様のこたえ  弟子達の問いは明らかに天の国を誤解している質問です。しかしイエス様は弟子達が正しく理解出来るように,一人の子供を弟子達の前に呼び、立たせて「はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることは出来ない。」と説明されました。 /n「天の国に入る」  弟子達は天の国に、仲間達とそのままエレベーターで移動出来るかのような感覚で話しているのに対して、イエス様は「天の国に入る」条件を語られました。 /n「はっきり言っておく、心を入れ替えて・・」  私達が心を向けるべきことは、「天の国で誰が一番偉いか」ではなく、「天の国に入る者とされる」ことです。このイエス様の言葉は他の三つの福音書にも記されていて(マルコ福音書10:15、ルカ福音書18:17、ヨハネ福音書3:3,5)、いずれも「はっきり言っておく」という前置きがあります。初期の教会で、重要な役割をもって伝承されてきた言葉です。私達の教会でも「心を入れ替えて子供のようになる」との御言葉を、洗礼時・役員選挙時・ 牧師招聘時の基準として大切に心に蓄えたいと思います。 人間の生まれながらの本性は、上に上に、大きく大きくなろうとします。「心を入れ替えて」とは方向転換をすることです。自分を他人より立派なものにするという競争社会の生き方(ゼベダイの息子達の母親や他の弟子達の姿を参照・・マタイ20:20-)からの方向転換です。 /n幼子とは?  幼子は社会的な地位を持たず、求めず、自分が出来ないことを知り、無条件の信頼の中で生きています。偉くなろうと思わず,ありのままです。 こう思われる為にこうするという偽善がなく、背伸びすることも、小さくなることもせず、貪欲でなく、自分にふさわしい小さなことで満足します。しかし私達は再び幼子に戻ることは出来ません(ヨハネ3:4)。 /n幼子になる道  ある聖書学者は創世記のアダムとエバの話を引用します。二人は食べてはならない実を食べて、自分達が裸であることに気付き神様の前に出られませんでした。3章21節によれば、神様はこの二人の為に皮の衣を作って着せられました。私達も今のままではアダムとエバのように神様の前に立つことが出来る義を持っていません。その為神様は、私達に皮の衣(イエス・キリストの義)を与えられました。 /nイエス・キリストの義をいただく  幼子のようになる道が、イエス・キリストを信じて義とされることであるならば、それは自分の努力によってではなく、神様の恵みの中で行われることであり、具体的には聖霊の働きによるものです。弟子達は「天の国で一番偉い者とされる」という目標を信仰だと考えましたが、それは信仰ではなく誇りです。信仰とは自分の偉さを見つめるのではなく、イエス・キリストの偉大さを知り、神様の愛から確信を得るものです。上を仰ぎ見て「あなたこそ慈愛に富んだお方である」と賛美しながら生きることです。 /n「私の名のために、このような一人の子供を受け入れる者は、私を受け入れるのである。」(5節)  イエス様は子供と、ご自分とを一つにされました。子供は小さく力もない弱い存在です。子供と目線を合わせる為には、かがまなければなりません。イエス様がご自分を低くされたように,子供(のような存在)を受け入れる低さがなければ、「天の国に入ることはできない」のです。

説教要旨 「主の言葉は永遠に残る」 飯島 信先生(池袋台湾教会)

/n[ペトロの手紙一] 1章22-25節 22 あなたがたは、真理を受け入れて、魂を清め、偽りのない兄弟愛を抱くようになったのですから、清い心で深く愛し合いなさい。 23 あなたがたは、朽ちる種からではなく、朽ちない種から、すなわち、神の変わることのない生きた言葉によって新たに生まれたのです。 24 こう言われているからです。「人は皆、草のようで、/その華やかさはすべて、草の花のようだ。草は枯れ、/花は散る。 25 しかし、主の言葉は永遠に変わることがない。」これこそ、あなたがたに福音として告げ知らされた言葉なのです。 /nはじめに  ペトロの手紙一は大きく三つに分けられます。�「救い」についての解説、�「救い」を望みつつ、この世の生活をどのように過ごすべきか � 勧告です。主題は、教会内部の結束と迫害に対する忍耐です。今朝私達に与えられた聖書は、キリスト教信仰の基となる「救い」についての解説と、その救いを確信させようとしている箇所です。 /n「あなたがたは、・・兄弟愛を抱くようになったのですから」 (1章22節)  1章15節に「聖なる者となりなさい」とあります。聖なる者とは真理(神から賜った救い)を受け入れた者であり、魂が清められた者です。信仰のゆえの患難(かんなん)に満ちた状況であればこそ、聖なる者達が 偽りのない清い心で深く愛し合い、結びつくことが重要であって、この互いを結びつけるものが兄弟愛です。この兄弟愛こそが教会のあるべき姿、交わりの本質、土台を示すものです。 /n兄弟愛は可能か  このような兄弟愛の実践は可能か?信仰を持つゆえに与えられた患難に満ちた迫害の中にあって、人は自分を守ることで精一杯であり、時として自分を守る為に他の人を犠牲にすらするのではないか・・? このような疑問に対してペトロの手紙の著者は、兄弟愛を可能にするのは、信仰者が「新たに生まれた者」(自然の草木のように朽ちる種からではなく神の変わることのない生きた言葉という朽ちない種から生まれた者)だからだと語ります(23節)。そして、あの有名なイザヤ書を引用します。 /n「人は皆、草のようで、その華やかさはすべて、草の花のようだ。草は枯れ、花は散る。しかし、主の言葉は永遠に変わることがない。」  この元になっているのがイザヤ書40:6-8です。 >> 「肉なる者は皆、草に等しい。永らえても、すべては野の花のようなもの。草は枯れ、花はしぼむ。主の風が吹きつけたのだ。この民は草に等しい。草は枯れ、花はしぼむが 私達の神の言葉はとこしえに立つ。」 <<  このイザヤ書の言葉の前には、バビロン捕囚の地からのイスラエルの民の帰還の預言があり、この言葉は人間の無常について語っています。天上からの呼びかけと地上からの応答・・二つの霊の対話です。 神(ヤハウェ)の栄光の前にはすべての被造物はやがて滅び、カルデヤ (バビロニア)の文化の繁栄でさえ 野の花のごとくやがて枯れ しぼまねばならない。アラビアの砂漠の熱風が吹けばたちまち枯れてしまう。しかし神(ヤハウェ)の言葉のみは変わることなく、永遠である。と語ります。   /n詩編103篇  このイザヤ書の言葉は、詩編103編と呼応しています。 >> 「主は私達をどのように造るべきか知っておられた。私達がちりにすぎないことを 御心に留めておられる。人の生涯は草のよう。野の花のように咲く。風がその上に吹けば、消えうせ 生えていた所を知る者もなくなる。」(14節-16節) <<  人の一生は短く、しかし神のいつくしみは永遠である。すなわち人は神によって土のちりから造られ、死して又、土のちりに帰るもの。しかし神はこの人間を常にかえりみて いつくしみ給う、と歌います。 /n人間の一生のはかなさと、それに対する永遠に立つ神の言葉  いかなる迫害の下にあっても、たとえ殺されることがあっても、信仰に固く立ち続けなさい。なぜなら人間の命ははかなく、栄枯盛衰は繰り返されるが、主の御言葉は歴史を貫いて永遠(とこしえ)に 変わることがないから、とイザヤ書も詩編も語っています。 ……………………………………………… /n小説「クオ・ヴァディス」Quo Vadis Domine(シェンキェヴィチ著)  私はこの春、神学校時代の仲間と共に小説「クオ・ヴァディス」の舞台ともなったアッピア街道に立ちました。この小説は紀元1世紀のローマを舞台に皇帝ネロの迫害下で信仰を守り通す初期キリスト教徒を描いたものです。小説では、迫害を避けてローマから逃げていくペテロが、アッピア街道を、自分とは逆にローマに向かって歩み来る人の姿を認めます。その箇所を少し読みます。 _________________________________________________________ 次の日の明け方、カンパニア平原に向ってアッピア街道を進んでゆく二つの黒い人影があった。一人はナザリウス(少年)、もう一人は使徒のペテロで彼はローマとそこで苦しみを受けている同信の仲間を後にして行くのであった。(略)道は人通りがなかった。・・旅人たちがはいている木の靴が、山の方まで国道に敷き詰めてある石だたみを踏む度に、あたりは静けさを破ってこつこつとひびいた。やがて太陽が丘の狭間から上ったが、それと同時に ふしぎな光景が使徒の目を射た。金色の環が空を上へ上へとはのぼらずに、丘を下って道をこちらへ進んでくるように彼には思われたのである。ペテロは立ち止まって言った。「あの明るいものが見えるかね。私達の方へ近づいてくるようだが」「何も見えません」ナザリウスは答えた。しかし使徒はすぐに片手で目をおおって言った。「誰かが日の光の中をこちらへ歩いてくる」しかし彼らの耳にはかすかな足音すら聞こえなかった。あたりはしんと静まり返っていた。ナザリウスに見えたのはただ,遠くでまるで誰かがゆすぶっているように木の葉がゆれ動いたことだけであった。(略)「ラビ(先生)、どうなされました」彼は心配そうに叫んだ。ペテロの手からは旅の杖が、はたと地に落ちた。目はじっと前を見つめている。口があいて、顔には驚きと喜びと恍惚の色が浮かんだ。突然彼は両手を前に広げてひざをついた。口からはしぼり出すような叫び声がもれた。「キリスト!キリスト!」彼は頭を地につけた。長い沈黙が続いた。やがてむせび泣きに途切れる老人の言葉が静寂を破ってひびいた。「クオ・ヴァディス・ドミネ?」(ラテン語。主よ、どこへ行かれるのですか?)その答えはナザリウスには聞こえなかったが、ペテロの耳は、悲哀を帯びた甘美な声がこう言ったのを聞いた。「おまえが私の民を捨てるなら、わたしはローマへ行ってもう一度十字架にかかろう」 使徒は身動きもせず、一語も発せずに、顔をほこりの中に埋めたまま地面にひれ伏していた。ナザリウスは、使徒が気絶したか、それとも死んだかと思ったほどであった。けれどもペテロはやがて起き上がって、ふるえる手で巡礼の杖を取り上げ、ひとことも言わずに七つの丘の都のほうへ向き直った。少年はこれを見ると、こだまのように使徒の言葉を繰り返した。「クオ・ヴァディス・ドミネ?……」「ローマへ」使徒は小声で答えた。そして引き返した。 _________________________________________________________ そしてペトロは捕らえられ殉教の死を遂げます。 /nパウロも・・ パウロも同じでした。キリスト教の歴史、それはこの初期キリスト教徒達の歩みを追うまでもなく迫害と殉教の歴史でした。ヨーロッパにおいても、そして日本においてもキリシタン迫害の歴史です。 /nなぜ?  キリスト教はなぜこのような迫害と殉教の歴史をたどらねばならなかったのか。その歴史に耐え、信仰を捨てなかった私達の先達の中に生き生きと脈打っていた信仰の真実とはどのようなものであったのか。このことを考える時、思い起こさずにはいられない御言葉があります。 /nフィリピの信徒への手紙 1:21-24  >> 「私にとって、生きるとはキリストであり、死ぬことは利益なのです。けれども、肉において生き続ければ、実り多い働きができ、どちらを選ぶべきか、私には分かりません。この二つのことの間で、板挟みの状態です。一方では、この世を去って、キリストと共にいたいと熱望しており、この方がはるかに望ましい。だが他方では、肉にとどまる方が、あなたがたのためにもっと必要です。」 << /nなぜ、パウロは自分の生と死について、このように語れたか。  それは、ガラテヤの信徒への手紙 2:20にあります。 >> 「生きているのは、もはや私ではありません。キリストが私の内に生きておられるのです。私が今、肉において生きているのは、私を愛し、私のために身を献げられた神の子に対する信仰によるものです。」 << /nおわりに  >> 「生きているのは、もはや私ではない。キリストが私の内に生きておられる。」 <<  私は、この言葉にこそキリスト教2000年の歴史を貫いて生き続けるキリスト者の生命の輝きを見るのです。そしてその輝きは2000年をはるかに越え、あの旧約の時代から約束された主の言葉の解き放つ永遠の輝きとなって、私達の(神に従う)道を照らし続けているのを覚えるのです。 (文責 佐藤義子)

説教要旨 「つまずかせないようにしよう」 牧師 佐藤義子

/n[マタイによる福音書] 17章22-27節 22 一行がガリラヤに集まったとき、イエスは言われた。「人の子は人々の手に引き渡されようとしている。 23 そして殺されるが、三日目に復活する。」弟子たちは非常に悲しんだ。 24 一行がカファルナウムに来たとき、神殿税を集める者たちがペトロのところに来て、「あなたたちの先生は神殿税を納めないのか」と言った。 25 ペトロは、「納めます」と言った。そして家に入ると、イエスの方から言いだされた。「シモン、あなたはどう思うか。地上の王は、税や貢ぎ物をだれから取り立てるのか。自分の子供たちからか、それともほかの人々からか。」 26 ペトロが「ほかの人々からです」と答えると、イエスは言われた。「では、子供たちは納めなくてよいわけだ。 27 しかし、彼らをつまずかせないようにしよう。湖に行って釣りをしなさい。最初に釣れた魚を取って口を開けると、銀貨が一枚見つかるはずだ。それを取って、わたしとあなたの分として納めなさい。」 /nはじめに  イエス様は苦しみを受けられ、殺され、三日目に復活することを三回にわたり弟子達に予告されました。22節は第二回目の予告です。第一回目は、「あなたは神の子です」とのペテロの告白直後でした。この時は、ペテロは直ちにこの予告を否定して、イエス様から「サタン、引き下がれ。あなたは私の邪魔をする者。神のことを思わず人間のことを思っている」と叱られました。今回は「弟子達は非常に悲しんだ」(23節)とあります。 /n神殿税  この後、イエス様の宣教の拠点であるカファウルナウムでの出来事が記され、ここからエルサレムへの十字架の道が始まります。一人の徴税人がペテロの所にやってきて「あなたたちの先生は神殿税を納めないのか」と質問します。これは「あなた達の先生はイスラエルの聖なる秩序に不忠実であるのか。律法を無視して聖なる共同体への参加に無頓着で、わずかばかりのお金を拒むのか。」という意地悪な質問です。  神殿税は、当時全ての20歳以上のユダヤ人男子に課せられ、毎年、金額にして半シケル(二日分の賃金相当)を納めなければなりませんでした(出エジプト記30:13‐14参照)。納税時期にはパレスチナの町や村に告示が出され、アダルの月(2月-3月)15日になると徴税所が設けられました。 /n神殿税の目的  エルサレム神殿を維持するのには莫大な維持費がかかりました。毎日、朝と晩には子羊の犠牲とブドウ酒と粉と油がささげられました。又,毎日香もたかれ、更に祭司の服などもこの税で用意されました。神殿税を納めることで自分がユダヤ人であり、ユダヤ教団に属しているとの意思を表わし、更にユダヤ教団の経済的負担に責任を担うことを意味しました。たとえ外国にいようと又、豊かであろうと貧しかろうと、この税を納めることで自分達は聖なる共同体に参加していることを表わしました。 /nイエス様からの質問  ペテロが納税について話をする為に家に入った時、イエス様の方から税金について言い出されました。王様が税金を集めるのは自分の子供からか、他の人々からか、という質問をされたのです。ペテロは「他の人々からです」 と答えました。するとイエス様は「では子供達は納めなくてよいわけだ。」と言われました。王の子供達には納税の義務がないように、神の子供は、神の為に建てられている神殿の税金は払う必要がないということです。イエス様は神を父としておられるゆえに、すべてのものを神様と共有されており、ご自分の一切を神様にささげられていました。弟子達もイエス様を通して神の子とされているゆえに、神殿税からは自由であることを教えています。 /nイエス様と神殿の関係  神殿で毎日行われていた罪の償いの犠牲は、まもなくイエス様の十字架の死による贖いで、その意味がなくなろうとしています。又当時の神殿は、祈りの家であるはずが堕落していました(21章)。更に「神殿の崩壊」をイエス様は予告されています(24章)。[* 神殿は紀元70年にローマによって破壊された。] イエス様は、律法で定められた神殿税からは自由な立場におられた方でした。   /n「しかし、彼らをつまずかせないようにしよう」  律法からは自由であられたイエス様でしたが、(にもかかわらず) この後、奇蹟によってペテロに納税に必要なお金の用意をされました。「つまずかせる」とは人々の前に石などを置いて、人々がつまずいて倒れるということです。もしイエス様が神殿税を納めなければ、人々の批判や怒りが起こり、そのことによって彼らに罪を犯す機会を与えてしまいます。その為、イエス様は御子であられる特別な権利を行使されませんでした。 /nつまずかせず、真理にしたがう  ここで思い起こすのは宗教的な理由で肉を食べない人達の前では、肉は食べない、というパウロの言葉です(コリント8章)。「弱い人をつまずかせない」。「ただ、あなたがたのこの自由な態度が、弱い人々を罪に誘うことにならないように、気をつけなさい」と教えます。これらは、妥協を教えているのではなく、弱い相手に、無理をさせて罪を犯させてしまわないように、との愛が根底にあり、本質を譲るものではありません。その証拠に、イエス様は、「十字架」という何よりも大きなつまずきとなる道を避けずに、自ら自由意志で選び取って歩まれました。私達の歩みも、本質にかかわることにおいては、つまずきとなっても譲らず、しかし、相手が罪を犯すような誘惑につながる時には、つまずかせない為の「愛を根底にした神様からの知恵」をいただいて歩んでいきたいと願うものです。

説教要旨 「からし種一粒ほどの信仰」 牧師 佐藤義子

/n[マタイによる福音書] 17章14-20節 14 一同が群衆のところへ行くと、ある人がイエスに近寄り、ひざまずいて、 15 言った。「主よ、息子を憐れんでください。てんかんでひどく苦しんでいます。度々火の中や水の中に倒れるのです。 16 お弟子たちのところに連れて来ましたが、治すことができませんでした。」 17 イエスはお答えになった。「なんと信仰のない、よこしまな時代なのか。いつまでわたしはあなたがたと共にいられようか。いつまで、あなたがたに我慢しなければならないのか。その子をここに、わたしのところに連れて来なさい。」 18 そして、イエスがお叱りになると、悪霊は出て行き、そのとき子供はいやされた。 19 弟子たちはひそかにイエスのところに来て、「なぜ、わたしたちは悪霊を追い出せなかったのでしょうか」と言った。 20 イエスは言われた。「信仰が薄いからだ。はっきり言っておく。もし、からし種一粒ほどの信仰があれば、この山に向かって、『ここから、あそこに移れ』と命じても、そのとおりになる。あなたがたにできないことは何もない。」 /nはじめに  今日は8月の最初の日曜日で、日本キリスト教団が平和聖日と定めている日です。世界の現実は平和とはほど遠く、毎日のようにイラクでは自爆テロに巻き込まれての死者は絶えず、アフガニスタンではタリバンによる韓国人拉致が起こり死者がでています。家族の方々の緊張は私達の想像を越えたものだと思います。更にイスラエルとパレスチナの対立は根強く復讐が繰り返されています。国家間の戦争、或いは内戦による難民や孤児達の姿がテレビで放映される度、私達の胸は痛みます。なぜ人は争い続けるのでしょうか。平和とほど遠いのは、世界のことだけに終らず、日本でも地域で、学校で、勤務先で、家庭内で平和が奪われている現実があります。これは人間の罪の結果であるといえますし、それは即ち、この世では、悪の力が猛威をふるっているのです。 /n「平和」についての聖書のおしえ  イエス様は「平和を実現する人々は幸いである。その人達は神の子と呼ばれる」(山上の説教)と言われました。6月の伝道所開設記念礼拝では「できれば、せめてあなた方は、すべての人と平和に暮らしなさい。自分で復讐せず、神の怒りに任せなさい。復讐は私のすること、わたしが報復すると主はいわれると書いてあります。」(ロマ12章)を聞きました。又、イエス様は弟子達に「ふさわしい人を選び、その家にとどまり、『平和があるように』と挨拶しなさい。家の人々がそれを受けるにふさわしければ、あなたがたの願う平和は与えられる」(10:12‐13)と約束されました。本日の平和聖日において、私達は平和から遠いところで生きている人々を覚えて、その地に平和が実現するように祈るとともに、私達自身が直接身を置き、かかわる所が、平和であるように祈りたいと思います。  __________________ /n父親の願いに対して答えられなかった弟子達  本日の聖書には、てんかんの病を持つ息子の父親の、いやしへの願いと、それに対するイエス様の応答、さらには信仰についての教えが記されています。イエス様の不在中、弟子達には息子をいやすことは出来なかったというのです。  「イエスは12人の弟子を呼び寄せ、汚れた霊に対する権能をお授けになった。汚れた霊を追い出しあらゆる病気や患いをいやす為であった」(マタイ10章)とありますから、12弟子にはいやす力が与えられていました。にもかかわらず・・です。嘆く父親と、いやすことが出来なかった弟子達を前にしてイエス様はその不信仰を嘆かれ、彼らが本当の正しい信仰を持つ迄には、どれだけの時と忍耐を必要とするのだろうかと言われました(17節)。山上では、確かに生きて働いておられる神様のご臨在がありました。しかし山の下では、不信仰が蔓延しているのです。 /nイエス様のいやし  イエス様は「その子をここに、私の所に連れて来なさい」と言われ、息子をいやされました。同じ内容がマルコ福音書にもありますが(9章)、以下のような会話が記されています。(父親)「おできになるなら、私共を憐れんでお助け下さい」。 (イエス様)「出来ればと言うか。信じる者には何でも出来る。」その子の父親はすぐに叫んだ。「信じます。信仰のない私をお助けください。」 /n弟子がいやせなかった理由  なぜ私達はいやせなかったのか、と弟子が聞きました。イエス様はその理由を「信仰が薄いからだ。もし、からし種一粒ほどの信仰があれば・・略」と言われました。からし種一粒ほどの信仰とは、イエス・キリストを見つめることから始まります。そこにはあふれる愛といつくしみと恵みがあります。それを下さいと求めるのです。求める者には与えられます。私達はそれを受け取るのです。 /n信仰について  信仰はみずからが生み出すものではなく、与えて下さるものを受ける事だといわれます。与えられていることに気付かなかったり拒んでいることもあります。私達が聖書を通して語りかけて下さるイエス様を見つめ、イエス様と向き合い、イエス様が指し示している神様を仰ぐ時、私達は自分を縛っていたものから自由にされて、それ迄捨てられないと思っていたものが色あせて見えてきます(フィリピ3:7‐参照)。 信仰が与えられるということは新しく生まれるということです。人生が変わるということです。遠かった神様がすぐ近くにいて、自分を守り、導き、支えてくれる、そのような人生を歩むようになることです。 /n信仰の力  「山に移れと命じてもその通りになる」(20節)とは、信仰には、私達の常識や経験が不可能と判断することも可能にする力があるということです。山を創られた神様を仰ぎ見る信仰者は、山と同じように神様の秩序に従います。創り主である神様が山を移すことをお望みになるならば、そのようになるとの信仰です。 /nからし種一粒ほどの信仰  からし種を畑にまけば成長して大きくなり、空の鳥がきて枝に巣を作るほどの木になります(マタイ13:32)。からし種一粒ほどの信仰とは、生きている信仰、命が宿っている信仰、成長していく力を内に秘めている信仰のことです。薄い信仰とは「生きていない信仰」です。神様を信じているといいながら実際の生活には何の力も与えていない信仰です。生きた信仰は、全知全能の神様を信じて祈ります。すべてのことが神様の御心によって行われることを信じます。からし種のように小さな信仰でも祈ることが出来、恵みを求めることが出来ます。恵みが与えられると、信仰はその恵みで成長していきます。私達は毎週礼拝に招かれ、恵みの座に連なり、聖書を通してイエス・キリストの言葉にふれ、生ける神様の力を知れることは本当に感謝なことです。今週も与えられている信仰を通して沢山の恵みを戴きながら成長し、求道中の方々は、信仰が必ず与えられることを信じて祈りつつ歩んでいきたいと願うものです。

説教要旨 「イエス・キリストの変貌」 牧師 佐藤義子

/n[マタイによる福音書] 17章1-13節 1 六日の後、イエスは、ペトロ、それにヤコブとその兄弟ヨハネだけを連れて、高い山に登られた。 2 イエスの姿が彼らの目の前で変わり、顔は太陽のように輝き、服は光のように白くなった。 3 見ると、モーセとエリヤが現れ、イエスと語り合っていた。 4 ペトロが口をはさんでイエスに言った。「主よ、わたしたちがここにいるのは、すばらしいことです。お望みでしたら、わたしがここに仮小屋を三つ建てましょう。一つはあなたのため、一つはモーセのため、もう一つはエリヤのためです。」 5 ペトロがこう話しているうちに、光り輝く雲が彼らを覆った。すると、「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者。これに聞け」という声が雲の中から聞こえた。 6 弟子たちはこれを聞いてひれ伏し、非常に恐れた。 7 イエスは近づき、彼らに手を触れて言われた。「起きなさい。恐れることはない。」 8 彼らが顔を上げて見ると、イエスのほかにはだれもいなかった。 9 一同が山を下りるとき、イエスは、「人の子が死者の中から復活するまで、今見たことをだれにも話してはならない」と弟子たちに命じられた。 10 彼らはイエスに、「なぜ、律法学者は、まずエリヤが来るはずだと言っているのでしょうか」と尋ねた。 11 イエスはお答えになった。「確かにエリヤが来て、すべてを元どおりにする。 12 言っておくが、エリヤは既に来たのだ。人々は彼を認めず、好きなようにあしらったのである。人の子も、そのように人々から苦しめられることになる。」 13 そのとき、弟子たちは、イエスが洗礼者ヨハネのことを言われたのだと悟った。 /nはじめに  本日の聖書には、イエス様の姿が変わったという大変不思議なことが記されています。場所は高い山、イエス様についていったのは12弟子の内わずか3人(ペテロ・ヤコブとその兄弟ヨハネ)です。この3人はイエス様が十字架にかかられる前に、ゲッセマネの園でイエス様のすぐ近くまでついていった弟子でもあります。おそらくイエス様はこの3人を選び、ご自分がいなくなった時に重要な役割を担うよう特別に訓練されていたのかもしれません。この日イエス様は「祈る為に山に登られ」(ルカ福音書 9:28)ました。十字架の道へ進もうとされていることが、確かに神様の御心に沿うものかどうか、そのことの確信を得る為の祈りと考えられています。 /nイエス様の変貌  山の上で、イエス様の姿が変わりました。顔は太陽のように輝き、服は光のように白く(2節)なり、更に、旧約時代の偉大な人物モーセ(BC1300年頃)とエリヤ(BC9世紀)が現れてイエス様と語り合って(3節)いました。(モーセは旧約の律法を代表し、エリヤは旧約の預言者を代表する人物で、旧約聖書はイエス様を指し示しています。)三人が語り合っていた内容は、「イエスがエルサレムで遂げようとしておられる最後について」(ルカ9:31)です。これは、神様が人間を救うという深い偉大な御計画が、今まさに成就の時を目前にしている、ということを意味しているのでしょう。 /nペテロの反応  この世の、空間と時間の世界で生きている者が、一瞬、神様の世界・永遠の世界を垣間見るという出来事に出会った弟子の一人ペテロは、驚きと喜びから「私がここに仮小屋を三つ建てましょう」と奉仕を申し出ます。太陽の暑さや夜露からイエス様とモーセとエリヤを守り、この瞬間の栄光を少しでも長く続かせたいと願ったからでしょう。しかし霊の世界では、人間の言葉や思いは神様の言葉によってさえぎられます。ペテロの話が終らない内に光輝く雲が彼らを覆い、雲の中から神様の声が聞こえました。「これは私の愛する子、私の心に適う者。これに聞け」。イエス様が洗礼を授けられた時も、神様の霊が注がれる中で同じ言葉が天から聞こえています(マタイ福音書3:17)。今、受難の道への歩みを始めようとされたこの時、再びイエス様は、「神様の心に適う者」と証言されたのです。 /n山の上 と 山の下  山上での、栄光に包まれたイエス様のお姿こそ、本来の神の御子の姿であり、その後の復活の姿でもあります。(「神の身分でありながら・・・僕の身分になり、人間と同じ者になられた」(フィリピ書2:6)。3人の弟子達はこの光景と、更に雲の中からの神様の御声を聞き恐怖に襲われました。ひれ伏している弟子達にイエス様は近づき、手を触れ「起きなさい。恐れることはない」と言われました。彼らが顔を上げると、イエス様以外誰もおらず霊の世界の出来事は終っておりました。イエス様が、これから山を下りられて人間の救いの為に、神様の御計画を一歩一歩果たされていくのです。その道は犯罪人の一人として人々からあざけられ、つばきされ、残酷な十字架という死刑が待っている道です。 /n復活するまで誰にも話してはならない  3人の弟子達はこの栄光のイエス様を見た証人でしたが、復活するまで語ることを禁じられました。イエス様のメシアとしての働きは、受難と十字架の死と復活をもって成し遂げられます。受難と死と復活を通らない内に、弟子達がこの栄光のイエス様を語るならば、人々は自分勝手な「メシア像」をイエス様に押しつけ、この世の権威を与えようとするでしょう。メシアに隠されている十字架の死と復活を経た神様の救いの御計画など予想も出来ずに、栄光だけのメシア像を求める群衆達は、かつてバプテスマのヨハネを好きなようにあしらって(11節)殺したように(バプテスマのヨハネは自分達の救いの為に、エリヤの働きとして神から遣わされた人)、イエス様に対しても同じようにする(12節)ことを、ここでもイエス様は予告されています。

説教要旨 「サタン、引き下がれ」 牧師 佐藤義子

/n[マタイによる福音書] 16章21-28節 21 このときから、イエスは、御自分が必ずエルサレムに行って、長老、祭司長、律法学者たちから多くの苦しみを受けて殺され、三日目に復活することになっている、と弟子たちに打ち明け始められた。 22 すると、ペトロはイエスをわきへお連れして、いさめ始めた。「主よ、とんでもないことです。そんなことがあってはなりません。」 23 イエスは振り向いてペトロに言われた。「サタン、引き下がれ。あなたはわたしの邪魔をする者。神のことを思わず、人間のことを思っている。」 24 それから、弟子たちに言われた。「わたしについて来たい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。 25 自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのために命を失う者は、それを得る。 26 人は、たとえ全世界を手に入れても、自分の命を失ったら、何の得があろうか。自分の命を買い戻すのに、どんな代価を支払えようか。 27 人の子は、父の栄光に輝いて天使たちと共に来るが、そのとき、それぞれの行いに応じて報いるのである。 28 はっきり言っておく。ここに一緒にいる人々の中には、人の子がその国と共に来るのを見るまでは、決して死なない者がいる。」 /nはじめに  サタンとは悪魔の別名であることは知られており、サタンとか悪魔という言葉に対して過剰反応をする人達も多く存在します。しかし説教題につけた「サタン、引き下がれ」(私の前にではなく私の後に退け の意)はイエス様が実際に使った言葉であり、しかも言われた相手はイエス様の弟子の代表格であるペテロでした。なぜこんな激しい、厳しい言葉をイエス様は愛する弟子に使われたのでしょうか。 /n「このときから・・打ち明け始められた」(21節)  キリスト教では「時」ということを大変大事に考えます。最も良く知られている言葉が、コヘレトの言葉3章です。「何事にも時があり、天の下の出来事にはすべて定められた時がある。生まれる時、死ぬ時、植える時、植えたものを抜く時、殺す時、癒す時、破壊する時、建てる時、泣く時、笑う時、嘆く時、踊る時、石を放つ時、石を集める時、抱擁の時、抱擁を遠ざける時、求める時、失なう時、保つ時、放つ時、裂く時、縫う時、黙する時、語る時、愛する時、憎む時、戦いの時、平和の時」・・。ここで言う「この時」とはペテロがイエス様に対して「あなたはメシア、生ける神の子です」との信仰告白をした時をさしています。イエス様は弟子達に、ご自分のこれからのことを明らかにされる「時」を選ばれました。そして、この時からイエス様の新たな別の歩み・・・「エルサレムに行って、長老、祭司長、律法学者達から多くの苦しみを受けて殺され、三日目に復活する」(21節)道への第一歩を始められたということです。 /nペテロの反応  イエス様の「自分は必ずエルサレムに行って、多くの苦しみを受けて殺され・・」との、愛するイエス様の死の予告を聞いたペテロはすぐ、「主よ、とんでもないことです。そんなことがあってはなりません。」(22節)といさめました。神の御子がそんな死に方をするなどあってはならない。そのような認め難いことを決して言ってはいけないと、心からそう思っての、とっさに出てきた言葉だったでしょう。 /n「サタン、引き下がれ。あなたは私の邪魔をする者」  ペテロの言葉の背景には、ペテロの願望がありました。神の御子なら当然それにふさわしい終り方-栄光に満ちた終り方-がある筈だという思いです。まして同じ民族の宗教的な指導者を敵に廻し、敗北の死を甘んじて受けることなど考えたくもなかったでしょう。しかしこのペテロの言葉に対して「サタン、引き下がれ」という言葉がペテロに向けて発せられました。「あなたはわたしの邪魔をする者」。(あなたは私の行く手にあってつまずかせ、私を倒そうとしている の意)。さらにあなたは「神のことを思わず,人間のことを思っている」と言われました。 /nペテロが聞き漏らした言葉  イエス様が弟子達に打ち明けられた言葉は「必ず・・することになっている」という神様の御計画を明らかにしたものでした。神様に従ってこれまでも歩まれてきたイエス様が、メシアとしてのご自分の地上での最後の歩みに向けて今、歩み始めたのです。しかしペテロはこの言葉に注目せず、イエス様の受難と死ということのみに反応しました。イエス様が伝えようとした神様の救いに向けたご計画について考える余地はまったくありませんでした。ペテロが善意でイエス様をいさめ、励まし勇気づけたとしても、それが神様の意志に反する以上、それはサタンの言葉となりサタンの働きとなります。イエス様は神様の意志に従って進むのみです。 /nペテロと同じあやまちを繰り返さないために  私達もペテロと同じあやまちに陥る誘惑が起こり得ます。目の前にいる人間の気持ちを配慮するあまり、神様の意志を問うことを忘れることがあります。人を愛することはイエス様の教えですが、神様の御意志を問う(イエス様ならどうされるか)ことを忘れた人への愛は、ペテロのように間違った言動を引き起こします。人を高めることで神様が軽んじられてはなりません。まず神様を仰ぎ、神様が今自分に求められていることは何かを考え知りたいと祈る時、神様は最善の道を示して下さるに違いありません。 /n「私について来たい者は、自分の十字架を背負って私に従いなさい。」 (24節)  イエス様についていくことに伴う重荷(この世の論理・価値観などとの戦い他)は、イエス様が共に負って下さるゆえに、その荷は軽く、そこには安らぎがあります(マタイ11:28-30)。今週もイエス様に従って歩みたいと願うものです。

説教要旨 「あなたは私を何者だというのか」 牧師 佐藤義子

/n[マタイによる福音書] 16章13-20節 13 イエスは、フィリポ・カイサリア地方に行ったとき、弟子たちに、「人々は、人の子のことを何者だと言っているか」とお尋ねになった。 14 弟子たちは言った。「『洗礼者ヨハネだ』と言う人も、『エリヤだ』と言う人もいます。ほかに、『エレミヤだ』とか、『預言者の一人だ』と言う人もいます。」 15 イエスが言われた。「それでは、あなたがたはわたしを何者だと言うのか。」 16 シモン・ペトロが、「あなたはメシア、生ける神の子です」と答えた。 17 すると、イエスはお答えになった。「シモン・バルヨナ、あなたは幸いだ。あなたにこのことを現したのは、人間ではなく、わたしの天の父なのだ。 18 わたしも言っておく。あなたはペトロ。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てる。陰府の力もこれに対抗できない。 19 わたしはあなたに天の国の鍵を授ける。あなたが地上でつなぐことは、天上でもつながれる。あなたが地上で解くことは、天上でも解かれる。」 20 それから、イエスは、御自分がメシアであることをだれにも話さないように、と弟子たちに命じられた。 /nはじめに  本日の聖書の箇所は、4章途中から始まったイエス様の教えとその活動の中心的部分となる結びでもあり、クライマックスの部分ともいわれています。イエス様の働きを実際に目で見、聞いてきた弟子達が、今イエス様から「あなたがたは私を何者だと言うのか」と問われた場面であり、弟子の代表としてペテロが明確に信仰を告白した場面だからです。 /n大なことを打ち明ける前に  フィリポ・カイサリア地方に行った時のことでした。イエス様はここで初めてご自分がエルサレムで死ぬことを弟子達に打ち明けられますが、この重大なことを語られる前に、イエス様が語られ、又,行なってきた出来事を通して、人々がご自分をどのように見ているのかを弟子達に尋ねられました。この質問は、第二の質問を引き出すための問いです。 /n人々のこたえ  ある人々はイエス様を洗礼者ヨハネがよみがえったのだと考えました。ヘロデ王が神の道に背いて洗礼者ヨハネを殺したので、神様がヨハネをよみがえらせて人々に説教を続けさせている、と考えました。彼らはイエス様の説教の中に、ヨハネが語った罪への裁きと悔い改めによる赦しを聞いたからでありましょう。又、エリヤだと考えた人(マラキ書3:23参照)、エレミヤだと考えた人(エリヤと同様、終末に現れるとの伝説)、預言者の一人と考えた人達がいた一方で、待望のメシヤであると考える群衆はいませんでした。それは当時の人々は、メシヤとは、自分達をローマの圧制から救い出してくれる偉大な王(かつてのダビデ王のように)としてこの世の権力を握る人を想像していたようです。イエス様の奇蹟の力を見ても、そのへりくだる身の低さは自分達の運命を変えてくれるようなメシア像とかけ離れていたことでしょう。 /nそれでは、あなたがたは?  人々の評価・評判についての質問の後、イエス様が弟子達にされた質問は「それでは、あなたがたは私を何者だと言うのか?」でした。弟子を代表してペテロが「あなたはメシア、生ける神の子です。」と答えました。この告白は、教えられたことを口にしたのではなく、全く自由な自発的な返事としてなされた信仰告白でした。 /n生ける神の子  「生きておられる神」の御子とは、「あなたは命の根源であり、創造者であられる神様の御子であられる」「あなたは神様のすべての約束を満たすお方、神様のすべての意志を実行するお方、すべての悪に対して勝利されるお方、永遠の命をもたらすお方、あなたこそ、そのお方です」という告白です。 /n信仰を告白せしめる主体   「あなたは幸いだ。あなたにこのことを現したのは、人間ではなく、私の天の父なのだ」(17節)。 ペテロが、イエス様をそのようなお方だと見ることが出来たのは人間の力によるものではない、とイエス様は言われました。 イエス様をそのようなお方だと認識させたのは神様の働き、神様のわざであるというのです。   イエス様のこの言葉を聞く時、信仰とはみずから生み出すものではなく、まさに神様から与えられたことを素直に受け、告白することだという思いを強くします。 「実に、信仰は聞くことにより、しかも、キリストの言葉を聞くことによって始まるのです。」(ロマ書10:17) /n新しい名前  ペテロが信仰告白をした時、イエス様は新しい名前、シモン・バルヨナ(ヨナの子シモン)から、シモン・ペトロ(私達はペテロと 呼んでいます)を与えました。イエス様は、このペテロ(岩の意味)の信仰告白の上にわたしの教会を建てると言われました。(18節)。教会はイエスをメシア、生ける神の子であるとの信仰告白の上に建てられています。教会とは建物を指すのではなく、この信仰告白のもとに集められた群(信仰告白共同体)です。仙台南伝道所はまだ会堂はありませんが「イエス様を神の子・メシアと告白する信仰者の群-教会」です。 /n天の国の鍵  イエス様はこのあと、ペテロに天の国の鍵を授けるといわれました。鍵とは扉を開けたり閉めたりするものです。ペテロが宣教の使命を託されて御言葉を語る時、それを受け入れた者には扉を開き、拒む者には、神様の恵みの中に入る扉を閉める決定権を委ねられたということです。裁判官が有罪か無罪かを決定するようにペテロは神様からの力を与えられて、彼の裁きも赦しもそのまま天において遂行されるという約束です。事実、ペンテコステの日に「ペテロの言葉を受け入れた人々は洗礼を受け、その日に三千人ほどが仲間に加わ」りました(使徒言行録2:41)。このペテロに授けられた天の国の鍵は,その後今日まで教会のわざとして引き継がれています。すべてのキリスト教会において、イエス・キリストの言葉が語られ、それを聞く人々には「あなたはイエス様を神の子、救い主として受け入れますか」との(恵みの)問いが用意されています。そして「イエス様は生ける神の子です。天におられる神様が私達を罪から救う為に遣わされてきた神の御子です」と告白する時、教会は扉を開けて、罪の赦しを宣言し、バプテスマ式を執行いたします。 /nメシアであることを誰にも話すな  イエス様は、たった今告白されたこのメシアの事実を誰にも言ってはいけないと言われました。それは、この時を境として以後、十字架に向かっての歩みを始めることになるからです。イエス様のメシアとしての歩みはこの時点では完成されていません。今は、他の人々にイエス様がメシアであることを明らかにする時ではないのです。これから弟子達は十字架への厳しい道のりをイエス様と共に歩いていくのです。弟子達はイエス様の中に、今告白した「神の子」を見,続ける限りにおいて、 イエス様のもとにとどまり続けることが出来るのです。私達も、いついかなる時も(試練の中でも)、この告白のもとに歩みたいと願います。

説教要旨 「レプトン銅貨二枚」東北学院大学 佐々木哲夫先生

/n[イザヤ書] 55章1-2節 1 渇きを覚えている者は皆、水のところに来るがよい。銀を持たない者も来るがよい。穀物を求めて、食べよ。来て、銀を払うことなく穀物を求め/価を払うことなく、ぶどう酒と乳を得よ。 2 なぜ、糧にならぬもののために銀を量って払い/飢えを満たさぬもののために労するのか。わたしに聞き従えば/良いものを食べることができる。あなたたちの魂はその豊かさを楽しむであろう。 /n[ルカによる福音書] 21章1-4節 1 イエスは目を上げて、金持ちたちが賽銭箱に献金を入れるのを見ておられた。 2 そして、ある貧しいやもめがレプトン銅貨二枚を入れるのを見て、 3 言われた。「確かに言っておくが、この貧しいやもめは、だれよりもたくさん入れた。 4 あの金持ちたちは皆、有り余る中から献金したが、この人は、乏しい中から持っている生活費を全部入れたからである。」 /nはじめに  十字架を目前にした最後の一週間の間に、イエス・キリストは少なからず激しい議論を行なっています。例えば税金の問題に関しては「皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい」(ルカ20: 25)、又復活に関しての議論では「神は死んだ者の神ではなくて生きている者の神である」(同38)と語っています。そして聞く人々に、はっきりと示す為にたとえを用いました(ぶどう園の農夫のたとえ話など・・同9‐)。又、言葉だけでなくて「宮清め」の場面では両替商の台を倒したり(ルカ19:45 -)、他の場面では、道すがらいちじくの木を枯らすということを通して弟子達に教える(マルコ11:12-)などしていましたが、イエスはひとときエルサレムの神殿にたたずみ、宮もうでをする人々を眺めておりました。 /n神殿の庭で  神殿の「婦人の庭」では献げものをする人達、祈りをもってささげる人達で混雑していました。その庭には13箇所の入り口があり、そこから自由に入ることが出来、又そこには13個のラッパの形をしたさい銭箱が備えられていました。当時のお金はおおかた銅貨などの硬貨が一般的であり、さい銭箱に投げ入れると銅貨がラッパの筒に当って大きな金属音が響いていました。おそらく多く献げる人のさい銭箱からは大きな音が響き、大きな音には多くの人々が注目した、そんな様子をイエス・キリストはひととき眺めていたのです。 /n貧しいやもめ  そこに一人のやもめがやって来ます。彼女の身なりから判断するのに、かなり貧しい状態にあるということは明らかでした。さい銭箱から響いてくる献げ物の音も他の人達とは違っておりました。かすかな音しか聞こえてきませんでした。レプトン銅貨二枚だったからです。その様子を見ていたイエス・キリストは弟子達を呼び寄せて、「この貧しいやもめは誰よりもたくさん入れた。あの金持ち達は皆,あり余る中から献金したが、この人は貧しい中から生活費を全部入れた。」と語ったのです。 /nこの話の意味は?   たとえば、「あり余る中から献げたささげ物は量的には多いけれど、心を込めてささげる貧しい者のささげ物は、たとえ小額であっても価値的にはむしろ多く献げたと評価出来る。献げる者の心のあり方が対比されている。そのことを教えている」と、理解することも出来るでしょう。片や、当時はお金持ちは信仰深い結果として神の祝福が与えられており、反対に貧しい者は信仰の報いを受けているのだ、と考えられていました。しかし「そうではない。『先の者が後になる。』 とか 『幼子の素直さが、賢者の賢さよりも評価される』というイエス・キリスト一流の価値の逆転をここでも教えているのだ」と考えることも出来るでしょう。 ここでは、聖書の言葉にとどまりながら、レプトン銅貨2枚の物語を考えてみたいと思います。 /nレプトン銅貨2枚  レプトン銅貨は非常に小さい金額の銅貨で、大人の1日分の日当の128分の一に相当すると計算されています。当時レプトン銅貨2枚で買えるのは小麦粉一つかみだったと考えられています。それはその人がその日、1日の命をつなげることが出来る最低量の食物と考えられていました。ユダヤ教の指導者の教えに、この話に類似する教えがあります。・・ある貧しい女性が一握りの小麦粉を献げにやってまいります。 ユダヤ教の祭司はそれを見て、こんな少ないささげ物とは何ていうことだ。こんな少ない量で何が出来るというのか、とこの女性をさげすみます。しかしこの時、神の言葉が響いてきて「この女性をさげすんではならない。彼女は自分の命をささげたのだ。」という言葉が響いてきます。そしてその言葉でユダヤ教の指導者は夢から覚めたという話 です・・。  この話で注目すべき点は、一握りの小麦の量(イエス・キリストの話でいえばレプトン銅貨二枚に相当する量)をささげており、この女性は自分の命をささげたと評価されています。むしろ問題はそれをさげすんだユダヤ教指導者の話です。 /nその日の律法学者との議論  おそらくイエス・キリストはレプトン銅貨二枚を献げる貧しいやもめの姿を神殿で見た時に、その日の激しい議論を再び思い起こしたことでしょう。・・「律法学者に気をつけなさい。彼らは長い衣をまとって歩き回りたがり、また、広場で挨拶されること、会堂では上席、宴会では上座に座ることを好む。そして、やもめの家を食い物にし、見せかけの長い祈りをする。このような者たちは、人一倍厳しい裁きを受けることになる。」(ルカ20:46‐47)。そんな非難をした後でありました。まさに婦人の庭で起きた出来事は、イエス・キリストにとって、自分の教えを具体的に弟子達に示す適切な出来事であったと理解され、すぐに弟子達を集め教えたのです。「あの貧しいやもめは誰よりも多く入れたのだ」。 /nイエス・キリストが見ていたもの  イエス・キリストのその時に意図していたのは、当時の律法学者や祭司達が語ることと、ご自分の語る福音との鋭い対比であったでしょう。イエス・キリストの語りたかったことは、豊かに神の国を実現する福音でした。十字架を目前にしたこの時に、イエス・キリストはレプトン銅貨2枚をささげる女性の話を弟子達に語ったのです。 どれだけささげるか、どのようなことをするか、外側の出来事を私達は見るものです。その日、婦人の庭での光景は、さい銭箱から響き上がる大きな音がその場を支配していたことでしょう。しかしその光景を見つつもイエス・キリストは異なるものを見ていました。真の価値を見ていました。換言するならば「何を大事にすべきか。」「何に重きを置くべきか。」それは人生観とでもいうべきもの・・を彼は見ていました。 /n旧約聖書の伝統を受け継ぐ価値観  私はこのイエス・キリストが神殿で見て語ったことというのは、イエス・キリストにおいて突然出て来たものではなく、それ迄に伝えられてきた価値観、長い旧約聖書の伝統を受け継ぐ価値観をイエス・キリストは明確にした、ということでもあると思います。 /n本日の旧約聖書、イザヤ書55章1節-2節 >> 「渇きを覚えている者は皆、水のところに来るがよい。銀を持たない者も来るがよい。穀物を求めて食べよ。来て、銀を払うことなく穀物を求め 価を払うことなく、ぶどう酒と乳を得よ。なぜ、糧にならぬもののために銀を量って払い 飢えを満たさぬもののために労するのか。わたしに聞き従えば 良いものを食べることが出来る。あなたたちの魂はその豊かさを楽しむであろう。」 <<   この箇所は実に印象深い箇所であります。「来て買え。求めて得よ。」 「買え」という表現がもともと使われていました。お金を払わず買え。価を払うことなく買って自分の手元におけ。食べよ。「金もないのに買え」というその意味は、「私に聞き従えば、良い物を食べることが出来、あなた達の魂はその豊かさで楽しむであろう。」 /n私達が受け継いでいる価値観  そのような価値観を伝統として旧約聖書は伝えており、今、イエス・キリストによって弟子達に伝えられ、そして又、(目前にしている)十字架の出来事によって明示され、確実なものとされ、今日の私達に伝えられている価値観でもあり、生き方でもあるのだ、ということを、 レプトン銅貨2枚を献げた女性の姿から今日学び取りたいと願うものです。(まとめなど 文責 佐藤義子)