10月18日の説教要旨 <教会学校との合同礼拝> 「新しい誕生」  牧師 佐藤 義子

詩編 30:2-6・ヨハネ福音書 3:1-15

 はじめに

私達は毎週日曜日に、神様を礼拝するために教会に来ています。いつもは、子供と大人の礼拝時間は違いますが、今日は一緒に礼拝をささげます。礼拝では、神様をほめたたえるために讃美歌を歌い、お祈りをし、聖書からお話を聞きます。聖書には何が書かれていますか? そうです。神様について書いてあります。 神様を見たことはありますか? 神様に会ってお話ししたことはありますか? 誰もいませんね。なぜなら、天におられる神様は、私達の目には見えないからです。

 神様のことを知らせてくれた人

でも、目に見えない神様のことを、私達人間に知らせに来てくれた人がいます。神様のことを知らせるためには、神様のことをよく知っている人でなければなりません。神様のことを良く知っているのは、神様と一緒にいた神様の息子です。神様は、ご自分の息子を、私達が住むこの世界に、人間として生まれさせてくださいました。そう、イエス様です。イエス様は、みんなに神様のことを教えただけでなく、神様から力をいただいて沢山の病気で苦しんでいた人達を治しました。私達はイエス様を通して神様のことがとてもよくわかるようになりました。

 ニコデモさん

今日の聖書は、イエス様とニコデモさんとのお話です。ニコデモさんは、旧約聖書のことをとてもよく勉強していて、みんなに教えていましたし、又、議員もしていて人々のリーダーでもありました。このニコデモさんが、イエス様のお話を聞いたり、イエス様が病気の人を治されたりする奇跡を見て、もっとイエス様とお話したいと、ある夜、イエス様を訪ねました。

 イエス様とニコデモさんとの会話

ニコデモさんはイエス様を「先生」と呼んで、「あなたは神様のところからいらしたということが私にはわかります。なぜなら病気を治したり奇跡を行えるのは、神様が一緒でなければできません」と言いました。イエス様のお返事は、3節『人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない』。そして5節「だれでも水と霊とによって生まれなければ、神の国に入ることはできない。」というものでした。

イエス様のおことば

私達が、「神様を信じます。イエス様を信じます。」と、自分の心の中にある「信仰」を口で言い表すことは、とても大事なことです。しかしイエス様は、ニコデモさんが、もっと大切なことを知らなかったので、そのことを教えられました。それが、「人は、新しく生まれなければ、神様のところには行かれません」ということでした。

ニコデモさんの驚き

ニコデモさんは年をとっており、もう一度生まれるなんて無理ですし、それに、ニコデモさんは神様を信じていて神様の教えも守っていましたから、神様のおられる天の国に自分はもちろん入れると考えていました。ですから、このイエス様の言葉を聞いて、どんなに驚いたことでしょう。

新しく生まれる

「新しく生まれる」とは、「上から生まれる、天におられる神様の働きによって新しく生まれる」ということです。お母さんのお腹から生まれ直すことではありません。神様から「神様の霊」をいただいて、新しい自分に(心が)生れ変わる=神様に変えて いただくことです。

イエス様は、「霊」を風にたとえて説明されました。風は目に見えませんが、風が吹くと木の葉がゆれるのでわかります。でも私達は、風が、どこから吹いて来て、どこに向かっていくのかわかりません。神様の霊も風と同じように、私達の目には見えないけれども、いつも働いておられて、風が吹いたことが後でわかるように、神様の霊の働きを受けた人には、必ず目に見える変化がその人に生まれ、周囲の人にもわかります。神様の霊は神様の御意志によってのみ働きます。私達には祈り求めることが許されています。それと同時に、いつでも「神様の霊」を受ける心の備え(毎週の礼拝・日々の御言葉に親しみ祈る生活)もしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です