説教要旨 「あなたは私を何者だというのか」 牧師 佐藤義子

/n[マタイによる福音書] 16章13-20節 13 イエスは、フィリポ・カイサリア地方に行ったとき、弟子たちに、「人々は、人の子のことを何者だと言っているか」とお尋ねになった。 14 弟子たちは言った。「『洗礼者ヨハネだ』と言う人も、『エリヤだ』と言う人もいます。ほかに、『エレミヤだ』とか、『預言者の一人だ』と言う人もいます。」 15 イエスが言われた。「それでは、あなたがたはわたしを何者だと言うのか。」 16 シモン・ペトロが、「あなたはメシア、生ける神の子です」と答えた。 17 すると、イエスはお答えになった。「シモン・バルヨナ、あなたは幸いだ。あなたにこのことを現したのは、人間ではなく、わたしの天の父なのだ。 18 わたしも言っておく。あなたはペトロ。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てる。陰府の力もこれに対抗できない。 19 わたしはあなたに天の国の鍵を授ける。あなたが地上でつなぐことは、天上でもつながれる。あなたが地上で解くことは、天上でも解かれる。」 20 それから、イエスは、御自分がメシアであることをだれにも話さないように、と弟子たちに命じられた。 /nはじめに  本日の聖書の箇所は、4章途中から始まったイエス様の教えとその活動の中心的部分となる結びでもあり、クライマックスの部分ともいわれています。イエス様の働きを実際に目で見、聞いてきた弟子達が、今イエス様から「あなたがたは私を何者だと言うのか」と問われた場面であり、弟子の代表としてペテロが明確に信仰を告白した場面だからです。 /n大なことを打ち明ける前に  フィリポ・カイサリア地方に行った時のことでした。イエス様はここで初めてご自分がエルサレムで死ぬことを弟子達に打ち明けられますが、この重大なことを語られる前に、イエス様が語られ、又,行なってきた出来事を通して、人々がご自分をどのように見ているのかを弟子達に尋ねられました。この質問は、第二の質問を引き出すための問いです。 /n人々のこたえ  ある人々はイエス様を洗礼者ヨハネがよみがえったのだと考えました。ヘロデ王が神の道に背いて洗礼者ヨハネを殺したので、神様がヨハネをよみがえらせて人々に説教を続けさせている、と考えました。彼らはイエス様の説教の中に、ヨハネが語った罪への裁きと悔い改めによる赦しを聞いたからでありましょう。又、エリヤだと考えた人(マラキ書3:23参照)、エレミヤだと考えた人(エリヤと同様、終末に現れるとの伝説)、預言者の一人と考えた人達がいた一方で、待望のメシヤであると考える群衆はいませんでした。それは当時の人々は、メシヤとは、自分達をローマの圧制から救い出してくれる偉大な王(かつてのダビデ王のように)としてこの世の権力を握る人を想像していたようです。イエス様の奇蹟の力を見ても、そのへりくだる身の低さは自分達の運命を変えてくれるようなメシア像とかけ離れていたことでしょう。 /nそれでは、あなたがたは?  人々の評価・評判についての質問の後、イエス様が弟子達にされた質問は「それでは、あなたがたは私を何者だと言うのか?」でした。弟子を代表してペテロが「あなたはメシア、生ける神の子です。」と答えました。この告白は、教えられたことを口にしたのではなく、全く自由な自発的な返事としてなされた信仰告白でした。 /n生ける神の子  「生きておられる神」の御子とは、「あなたは命の根源であり、創造者であられる神様の御子であられる」「あなたは神様のすべての約束を満たすお方、神様のすべての意志を実行するお方、すべての悪に対して勝利されるお方、永遠の命をもたらすお方、あなたこそ、そのお方です」という告白です。 /n信仰を告白せしめる主体   「あなたは幸いだ。あなたにこのことを現したのは、人間ではなく、私の天の父なのだ」(17節)。 ペテロが、イエス様をそのようなお方だと見ることが出来たのは人間の力によるものではない、とイエス様は言われました。 イエス様をそのようなお方だと認識させたのは神様の働き、神様のわざであるというのです。   イエス様のこの言葉を聞く時、信仰とはみずから生み出すものではなく、まさに神様から与えられたことを素直に受け、告白することだという思いを強くします。 「実に、信仰は聞くことにより、しかも、キリストの言葉を聞くことによって始まるのです。」(ロマ書10:17) /n新しい名前  ペテロが信仰告白をした時、イエス様は新しい名前、シモン・バルヨナ(ヨナの子シモン)から、シモン・ペトロ(私達はペテロと 呼んでいます)を与えました。イエス様は、このペテロ(岩の意味)の信仰告白の上にわたしの教会を建てると言われました。(18節)。教会はイエスをメシア、生ける神の子であるとの信仰告白の上に建てられています。教会とは建物を指すのではなく、この信仰告白のもとに集められた群(信仰告白共同体)です。仙台南伝道所はまだ会堂はありませんが「イエス様を神の子・メシアと告白する信仰者の群-教会」です。 /n天の国の鍵  イエス様はこのあと、ペテロに天の国の鍵を授けるといわれました。鍵とは扉を開けたり閉めたりするものです。ペテロが宣教の使命を託されて御言葉を語る時、それを受け入れた者には扉を開き、拒む者には、神様の恵みの中に入る扉を閉める決定権を委ねられたということです。裁判官が有罪か無罪かを決定するようにペテロは神様からの力を与えられて、彼の裁きも赦しもそのまま天において遂行されるという約束です。事実、ペンテコステの日に「ペテロの言葉を受け入れた人々は洗礼を受け、その日に三千人ほどが仲間に加わ」りました(使徒言行録2:41)。このペテロに授けられた天の国の鍵は,その後今日まで教会のわざとして引き継がれています。すべてのキリスト教会において、イエス・キリストの言葉が語られ、それを聞く人々には「あなたはイエス様を神の子、救い主として受け入れますか」との(恵みの)問いが用意されています。そして「イエス様は生ける神の子です。天におられる神様が私達を罪から救う為に遣わされてきた神の御子です」と告白する時、教会は扉を開けて、罪の赦しを宣言し、バプテスマ式を執行いたします。 /nメシアであることを誰にも話すな  イエス様は、たった今告白されたこのメシアの事実を誰にも言ってはいけないと言われました。それは、この時を境として以後、十字架に向かっての歩みを始めることになるからです。イエス様のメシアとしての歩みはこの時点では完成されていません。今は、他の人々にイエス様がメシアであることを明らかにする時ではないのです。これから弟子達は十字架への厳しい道のりをイエス様と共に歩いていくのです。弟子達はイエス様の中に、今告白した「神の子」を見,続ける限りにおいて、 イエス様のもとにとどまり続けることが出来るのです。私達も、いついかなる時も(試練の中でも)、この告白のもとに歩みたいと願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です