「持っている人は更に与えられる」 牧師 佐藤 義子

/n[マタイによる福音書] 25章14-30節 14 「天の国はまた次のようにたとえられる。ある人が旅行に出かけるとき、僕たちを呼んで、自分の財産を預けた。 15 それぞれの力に応じて、一人には五タラントン、一人には二タラントン、もう一人には一タラントンを預けて旅に出かけた。早速、 16 五タラントン預かった者は出て行き、それで商売をして、ほかに五タラントンをもうけた。 17 同じように、二タラントン預かった者も、ほかに二タラントンをもうけた。 18 しかし、一タラントン預かった者は、出て行って穴を掘り、主人の金を隠しておいた。 19 さて、かなり日がたってから、僕たちの主人が帰って来て、彼らと清算を始めた。 20 まず、五タラントン預かった者が進み出て、ほかの五タラントンを差し出して言った。『御主人様、五タラントンお預けになりましたが、御覧ください。ほかに五タラントンもうけました。』 21 主人は言った。『忠実な良い僕だ。よくやった。お前は少しのものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ。』 22 次に、二タラントン預かった者も進み出て言った。『御主人様、二タラントンお預けになりましたが、御覧ください。ほかに二タラントンもうけました。』 23 主人は言った。『忠実な良い僕だ。よくやった。お前は少しのものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ。』 24 ところで、一タラントン預かった者も進み出て言った。『御主人様、あなたは蒔かない所から刈り取り、散らさない所からかき集められる厳しい方だと知っていましたので、 25 恐ろしくなり、出かけて行って、あなたのタラントンを地の中に隠して/おきました。御覧ください。これがあなたのお金です。』 26 主人は答えた。『怠け者の悪い僕だ。わたしが蒔かない所から刈り取り、散らさない所からかき集めることを知っていたのか。 27 それなら、わたしの金を銀行に入れておくべきであった。そうしておけば、帰って来たとき、利息付きで返してもらえたのに。 28 さあ、そのタラントンをこの男から取り上げて、十タラントン持っている者に与えよ。 29 だれでも持っている人は更に与えられて豊かになるが、持っていない人は持っているものまでも取り上げられる。 30 この役に立たない僕を外の暗闇に追い出せ。そこで泣きわめいて歯ぎしりするだろう。』」 /nはじめに  今日の聖書はイエス様の有名なたとえの一つであるタラントンの話です。ギリシャ語のタラントンは、元来、はかり、量られたものを意味し、それが重量の単位となりましたが、新約聖書の時代にはタラントンは重量と通貨と両方に使われ、1タラントンは6000デナリオンと同じでした(当時1日の賃金が1デナリオンで、1タラントンは約20年分の賃金相当額にあたる)。たとえでは主人が僕達に1タラントン、2タラントン、5タラントンを預けて旅に出ていますが、それぞれ莫大な財産を預けられたことになります。 /n「力に応じて」  三人のしもべに預けられた金額が違うのは「それぞれの力に応じ」(15節)てなされたからでした。主人はしもべ達の力をよく知っていたということです。その内の二人は、主人が出かけると早速行動を起こし、預かったお金を元手に商売を始めて増やしていきました。ところが一タラントンを預けられたしもべは、出て行って穴を掘り、お金を隠してしまいました。 お金を隠すということは使わず、減らさないことでもあります。しかし・・ /n「怠け者の悪いしもべだ」  帰ってきた主人は、このしもべに対して「怠け者」「悪い僕」「役にたたない僕」と言っています。彼が預かっていた一タラントンは取り上げられ、さらに彼は外の暗闇に追い出されました。 /n彼はなぜ預けられたお金を用いようとしなかったのか。  このしもべは、主人が自分に一タラントンものお金を預けていったその理由を考えようとしませんでした。自分に、一タラントンのお金を有効に使える力があることを見抜いて託していった主人の気持ちを理解せず、主人の為に働いてその財産を増やそうとは考えませんでした。彼は主人のことより自分のことを考えたのでしょう。大きな金額のお金を管理することの重荷から、減らす危険から、失敗して怒られる恐れから逃げました。しかも彼は自分のした行為を悪いとは考えず、ご主人に「ご覧下さい。これがあなたのお金です。」と、減らさず返したことを誇らしげに報告しています。確かに彼はご主人のお金を着服しておらず、損害を与えたわけでもありません。しかし彼は預けられたものを有効に用いなかった「怠け者」の「悪い僕」であり、「役にたたない僕」と断定されました。 /n忠実な良いしもべ  このしもべとは対照的に、五タラントンおよびに二タラントン預けられたしもべは、商売をして主人の財産を増やしました。主人は、彼らの報告を聞いて非常に喜びました。二人とも「忠実な僕」と呼ばれて更に今までより多くのものを管理させられ、より重い責任を与えられることになります。何よりも彼らは「主人と一緒に喜んでくれ」と、主人の喜びの中に招かれる光栄に浴します。 /nたとえの意味  このたとえは、直接的には十字架の死を目前にしたイエス様が弟子達に語られたものです。弟子達はイエス様から、イエス様の所有している財産を預けられました。イエス様の財産は、神様の霊であり、神様からいただく言葉であり、神様からくる平和であり、祈りによる神様への近づきです。イエス様の財産を預けられた弟子達は、同時に、イエス様の為に奉仕する義務をも与えられました。この弟子達への委託は使徒達へ、そして教会へ(私達キリスト者へ)と引き継がれています。このたとえは、委託を受けたキリスト者の中に、主人であるイエス様の為に働く者と、自分のことしか考えない者がいることをも教えています。 /n喜びの席に・・  私達は自分に預けられたイエス様からの賜物をよく知り、それを大いに用いて福音が広がっていく為に用いられたいと願います。福音を自分の中だけに閉じ込めて、福音の命を失わせてはなりません。この財産は使えば使うほど増やされていく性質を持っています。自分の持てるすべてが神様からの預かりものであることを知り、それを神様の御用のために用いていただきましょう。そしてご主人の喜びの席に招かれましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です