8月13日の説教要旨 「『神の国』の喜び」 牧師 平賀真理子

イザヤ書45:20-25 ルカ福音書13:10-21

*はじめに
今日の新約聖書箇所は3つの段落から成っていますが、特に、一つ目の段落の内容は、単なる奇跡物語だけではないことをお伝えしたいと思います。一つの癒しの出来事を通して、イエス様が示してくださる「神の国」と、「人間」の造る世界の違いが浮き彫りになっています。後者の「人間」とは、イエス様の「反対者」(17節)であり、イエス様が「偽善者たち」(15節)と呼んだ人々で、神様を知っていると言いながら、実は、自分の罪深さにより、神様に背いている者達です。
*安息日とは?
「安息日」とは、ユダヤ教を信じる人々が、安息するように教えられていた、一週間の内の七日目のことです。「安息する」とは、単にだらだらと休むことが目的でなく、神様を賛美することを第一とするために、他に気を取られることを避けるということです。ユダヤ教の中で大事にされる律法の根幹をなすものとして「十戒」という教えがあります。
旧約聖書の中で、2箇所=出エジプト記20章・申命記5章にその教えは書かれています。そこからわかるのですが、週の7日目に安息するのには2つの理由があります。一つは神様の天地創造の御業を賛美するためです。もう一つの理由は、神様が人間を罪から救うためにまず選んだイスラエル民族が大変な苦しみに遭っている時に、神様が様々な働きかけをしてくださって、この民族を苦境から救い出してくださった歴史を思い起こして、神様の救いの御業を賛美するためです。
従って、週の七日目の土曜日にユダヤ教徒は礼拝を献げるのですが、この日には仕事をしてはならないという解釈を指導者側が勝手に作り、「癒し」は、医療行為という「仕事」の一つなのだから、イエス様が安息日に癒しをなさったことに対して、ユダヤ教の指導者達は自分達が大事にしている教えに背いたとして目くじらを立てたのです。
*病の霊に取り憑かれた婦人をすぐに癒された主
18年間も病の霊に取り憑かれていたのに、ユダヤ教指導者達からは存在しないかのように待遇されていた女性に対し、イエス様は出会ってすぐに癒しの手を差し伸べ、「アブラハムの娘」と呼んでくださいました。「アブラハム」とはユダヤ教徒にとって、唯一の神様を信仰し始めた「信仰の祖」として敬愛されている人物です。イエス様はその子孫でもある、この女性=神が選んだ民族の一員である人間が病の霊に取り憑かれていたことに大きな憐れみを禁じえなかったのでしょう。なぜなら、イエス様はこの世に「神の国」を実現するために来られたのですから。イスラエルの民が病の霊に取り憑かれるとは、この世で悪の霊が力を振るう状況を許すことであり、イエス様は神の御子・救い主として、悪の支配を打破する必要がありました。救いを求める人間に目を留め、すぐに働きかけてくださることができる、これが聖書で言われる「神様」の性質の一つです。
*人々を不自由へと束縛する指導者達と、人々を悪から解放して自由にする主
ユダヤ教指導者達は、安息日には仕事を禁じるなら、家畜に水を飲ませる仕事も禁止すべきでした。でも、実際は許されていました。なのに、人々には「安息日」だから、癒しを受けたい場合は別の日にすべきだという指導は、人間を愛して「救いたい」と切望されている神様の御心とは全くかけ離れたもので、人々を不自由にし、悪霊の頭サタンの方へ縛って行っているのです。一方、イエス様がこの婦人に行った癒しは、神の力によって、病の霊から女性を解放し、神様を賛美する方へ導きました。結局、イエス様のお話と御業によって、反対派は皆恥じ入ることとなり、群衆は神様のすばらしい行いを喜ぶこととなったのです。
*「神の国」の喜び
神様の偉大さを益々喜ぶ群衆に対し、イエス様は喜びが大きくなり、「神の国」について、群衆にもっと教えたくなられたようです。神様と人間の本来の関係、互いの交流によって喜びなどの良いもので益々満たされる様子が読み取れます。
そして、「神の国」が広がる様子が2つ目と3つ目の段落の2つの例えに示されています。一つ目は「からし」についてで、とても小さい種が2~3メートル程に成長し、その枝に様々な鳥が巣を作る様子は、福音が世界中に広がり、多くの人々がそこに宿るようになるとの預言であって、実際、2000年の時をかけて、その預言は実現しています。もう一つ、パン種がパン全体に膨らむ例えは、人の心の中に植えられた福音が、その人の心を満たすようになることの例えです。「神の国」は人間を自由にし、神の民は内外で豊かに成長・発展できるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です