2021年9月5日の説教要旨 エゼキエル書37:15-28・ヨハネ福音書10:7-18

「主に養われる羊の群れ」     加藤 秀久伝道師

*はじめに

 イスラエルの国はかつてサウル王-ダビデ王-ソロモン王が支配した一つの国として存続していましたが、ソロモン王の死後、国は分裂して北王国(10部族)と南王国(2部族)に分かれました。(その後、北王国はアッシリヤによって滅亡し、南王国もバビロニヤに滅ぼされて、バビロンに捕囚の民とされました)。本日の旧約聖書に登場するエゼキエルは、祭司の息子で、自身もエルサレム神殿の祭司をしていましたが、第一回捕囚の時(紀元前597年)、王と共にバビロンに連行され、5年後に主から召命を受けたエゼキエルは、主の言葉を人々に告げ知らせる預言者として神様に仕えました。

*エゼキエルに臨んだ主の言葉

 本日のエゼキエル書には、エゼキエルに臨んだ、主の言葉が記されます。「・・あなたは一本の木を取り、その上に『ユダおよびそれと結ばれたイスラエルの子らのために』と書き記しなさい。また、別の木をとり、その上には『エフライムの木であるヨセフおよびそれと結ばれたイスラエルの全家のために』と書き記しなさい。それらを互いに近づけて一本の木としなさい。それらはあなたの手の中で一つとなる」(37:16-17)

 神様からの御命令は、一本の木には、「ユダとイスラエルのために」と書き記し、もう一本の木には、「ヨセフとイスラエルのために」と書き記し、この二本の木を近づけて手の中で一つにする行為でした。

書き記された「ユダ」とは分裂した南王国のことで、「ヨセフ」とは北王国を意味しており、二つの木を手の中で一つにするとは、南王国と北王国の、イスラエルの部族逹が、ダビデの時代のように、再び統一されることを象徴しています。主は、「わたしはわたしの地、イスラエルの山々で彼らを一つの国とする。一人の王が彼らすべての王となる。彼らは二度と二つの王国に別れることはない。(22節)」と告げられました。

そして今、イスラエルの人々が過ごしている国々で行われている偶像や憎むべきものによって彼らが身を汚すことは、これ以上ないこと、主は、彼らが過ちを犯した背信から彼らを救い清めて、「彼らはわたしの民となり、わたしは彼らの神となる」(23・27節)と宣言されています。

さらに、「わたしの僕ダビデは彼らの王となり、一人の牧者が彼らすべての牧者となる。彼らはわたしの裁きに従って歩み、わたしの掟を守り行う(24)。わたしは彼らと平和の契約を結ぶ(26節)」と述べています。

*羊飼い(牧者)

今は二つの国に分裂しているイスラエルが、やがてダビデが王であった時のように一つの国に統一され、イスラエル(羊)に一人の羊飼いが現れて、イスラエルの民を導き、民は主に従い、主は彼らと平和の契約を結ぶことを告げています。「わたしの僕ダビデは彼らの王となり、一人の牧者が彼らすべての牧者となる」とのみ言葉から、私はダビデの子孫から生まれたイエス様のことを思い浮かべました。

わたしは羊の門である。」(7節)

 本日のヨハネ福音書でイエス様は、「わたしは羊の門」と言われます。イエス様の門にとどまり住むことによって人々は救われ、イエス様が真の神様であるということが分かります。続けてイエス様は「わたしは良い羊飼いである。良い羊飼いは羊のために命を捨てる。」と言われます。良い羊飼いは、滅びに向かう生活、罪の中を歩んでいる生活から人々を救い出すために、自分の命を捨ててまでも羊たちを守り、助け、信じる者に「永遠の命」を与え、神の国に入ることができるようにイエス様自らが陰府(よみ)に降り、悪と死の力を打ち破り、復活されました。

本日の旧約聖書の終りに、「わたしはまた、永遠に彼らの真ん中にわたしの聖所を置く。わたしの聖所が永遠に彼らの真ん中に置かれる時、・・わたしがイスラエルを聖別する主であることを知るようになる。」とあります。(*旧約聖書の「イスラエル」は、イエス様を信じる私達キリスト者のことでもあります)。私達の心の中には、神様の住まわれる聖所が存在します。私と神様との関係は、イエス様によって永遠のものとされたことを覚え、今週も羊飼いイエス様に従って歩んでまいりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です