6月26日の説教要旨 「主の限りなき恵み」牧師 平賀真理子

列王記 44244 ルカ9:1017

 はじめに

 イエス様は数々の奇蹟をなさいました。その奇跡は、人間の力を越えていたので、その奇跡を見た人々は「神の偉大な業」を賛美したと福音書に度々記されています。今日の新約聖書箇所は、「5千人の給食」と呼ばれて、4つの福音書にすべて書かれています。

 弟子に伝えたい御姿

ルカによる福音書では、イエス様が12人の使徒達を福音伝道に派遣されて、その報告を受けた後で、「5千人の給食」の話が書かれています。そして、この後には、一番弟子のペトロの信仰告白という大事な証しがなされます。

この文脈から、ルカによる福音書では、「5千人の給食」は弟子教育の意味を含んでいるとも読み取ることもできると思われます。使徒達は、自分達の前に起こった、この世での限界に対して、この世の方法でしか解決できないと信じ切っていましたが、イエス様は神様に絶対的な信頼を寄せることで、自分達は神様の御力をいただけることを弟子達にも示されていると思えます。神様の限りない恵みが、この世の限界に制約されるものではないことを示す奇蹟です。神様の御力は、この世を悠かに超えることを心から信じつつ、神の御業を続ける御姿を、イエス様は使徒達に見せることによって、教えられたのだと思います。

 自分への危険よりも、救いを求める人々への愛

今日の箇所の直前で、時の権力者ヘロデがイエス様に興味を持っていたことが書かれています。自分以上に人気のあるイエス様を、恐らく良くは思えなかったでしょう。

しかし、使徒達の福音伝道の報告の後、イエス様は、もうしばらく弟子達と共に過ごし、大事なことを伝える時が必要でした。一方、イエス様の力と権能によって救われたい人々は、いつもイエス様を追いかけてきました。そのように目立ってしまえば、ヘロデの不興を買い、危険なことでした。にもかかわらず、イエス様は、救いを求める人々を深く憐れむ御方です。御自分の危険よりも、救いを求める人々への愛の方が勝ります。彼らを歓迎し、神の国の希望を告げ知らせ、癒しの御業をなさいました。

 「状況が厳しい」「○○しかない」「○○かぎり」⇒「自分達にはできない」

具体的に「5千人の給食」を見てみましょう。使徒達は日暮れになったので、少なくとも5千人集まっている人々への食糧や宿泊のことを気にし始めます。人里離れた町なので、近くに店や宿屋があるようには思えず、使徒達が調達することは無理だと思える状況です。しかも、手元には、5つのパンと2匹の魚しかないのです。「自分達が調達しないかぎり、この大勢の人々をお世話できない」と、使徒達は、この世の制約の中で「できない言い訳」を主に訴えるのです。

 「あなたがたが彼らに食べ物を与えなさい」(13節)

しかし、イエス様はそんな状況は百も承知の上で、「あなたがたが彼らに食べ物を与えなさい。」とおっしゃったのです。言い訳を続ける使徒達に、イエス様は、御自分の方法を示されました。イエス様は、使徒達に対して、この世を恐れず、自分達ができる方法を肯定的に考え出す姿勢を求めておられると思います。

 イエス様の示してくださった方法

この世では困難と思える状況で、神の愛を実現するというイエス様の方法は次のようなものでした。少なくとも5千人という膨大な数に恐れず、できる範囲で小分けにしていく方法を弟子達に指示なさり、50人くらいの小グループに分けられました。そして、イエス様は神様に賛美の祈りをささげて、僅かな手元の食糧を細かく裂いて、弟子達に人々へ分配するよう、教えられました。神様の御心に従った働きをする者を、神様は常に愛してくださり、神様の助けを受けられることへの絶対的な信頼をこの世に示す、これがイエス様の方法でした。使徒達は主の御姿を見て、実際に手伝うことで、この世への恐れを捨てて神様を信頼する姿勢、そして、自分達ができる方法を考えて実行しながら、人々を愛することを追い求めるという信仰者としての姿勢を学んだのだと思います。

 残ったパン屑が十二籠分

この奇蹟で、人々は満腹し、残りが出ました。イエス様の愛による御業で、人々は満ち足りたのです。その残りのパン屑が12籠分になりました。12籠は12使徒の象徴です。イエス様の限りない恵みは、12使徒達を通して、救いを求める人々へ与えられ続けます。時と場所を越えて、私達へも与えられたのです。

恵み豊かな主に感謝し、神様への絶対的な信頼と人々への愛を追求しましょう。

今日の箇所に示された主の方御姿から私達も後に続く方々にとをでした。がイエス様が信頼を寄せる神様の力が、この世をしのぐことが明らかになりました。救いを求めてくる人々をできる方法を考えながらい神様を信頼してどこまでも従う学ぶことで、様に連なる者として、同じように神様が助けてくださる、それを、使徒達が体験して学ぶ必要を、イエス様は感じておられたのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です