2017・10月15日の礼拝説教要旨 「私の助けはどこから?」 佐藤 義子

詩編121:1-2・ヨハネ福音書3:16
*はじめに
今日は、一年に一度の子供と大人の合同礼拝です。教会学校では、旧約聖書ではアブラハムさんなど、聖書に出てくる人達がどのように生きたのかについて学んできましたし、新約聖書ではイエス様についてやイエス様がして下さった「たとえ話」などを学んできました。今日は、旧約聖書の詩編の言葉、そして新約聖書ではヨハネ福音書の有名な言葉のお話です。
*「目を上げて、わたしは山々を仰ぐ。わたしの助けはどこから来るのか。」
これは今、読んだ詩編の1節です。この時、これを書いた人は「助けてほしい」と思っていますね。私達が誰かに助けてほしいと思う時は、私達が困った時です。子供の時は、大人の人に助けてもらうことが多いですが、大人になっても困ることはいろいろ起こります。そういう時は誰かに助けてもらわなければなりません。この詩編を書いた人は、何に困っているのかというと、これから長い旅に出ることになり、その旅には沢山の危険が予想されていたからです。たとえば山の向こうまでいく道には、でこぼこ道や、急な坂、深い谷間があるだろう。沼や川や、途中でへびとかクマが出るかもしれない。又、強盗が待ち伏せして襲われるような危険な目に会うかもしれない・・などと考えたのでしょう。そのような心配が心の中に広がってきて、「わたしの助けはどこから来るのでしょう」と、誰かに聞いているようです。あるいは、自分の心に聞いているのかもしれません。
私達が今、生きている時代は大変な時代です。「テロ」とか「ミサイル」という言葉を何回も聞くようになりましたし、地震や津波や火山の爆発などの自然災害も多く起こっています。そのほか事件や事故も多く、そして、大人であれば、自分の健康のこと、仕事のこと、家族のこと、人間関係や将来の進路などなど、先が良くわからないことについての心配や不安などを持っている人は、きっと沢山いることでしょう。それらを心配している人と、今、この詩編を書いた人・・遠くて長い、危険をともなうこれからの旅を前にして、山々を見上げ、不安な気持でいる人と、とても良く似ていますね。
*「わたしの助けは来る。天地を造られた主のもとから。」
「わたしの助けはどこから?」という質問の答えが、2節「わたしの助けは来る。天地を造られた主のもとから」です。「どこから?」と聞いている人が、この答えを出したのなら、この人は神様からの声を聞いたに違いありません。又、もし誰かに質問したのであれば、答えを返した人は、当時の「祭司」と呼ばれた信仰のリーダーでしょう。
*天地を造られた主
「主」とは神様のことです。なぜ助けは、天地を造られた神様から来るのでしょうか。それは、天と地上を造られただけでなく、世界中の人達すべて(私達も!)皆、神様が命を与えて生かして下さっているから、だから、人間を救う力も、もちろん持っておられるからです。
3節以下には、神様は、私達が生きていく上で足がよろめかないように(ふらふらしないように)助けて下さるお方であり昼も夜も眠ることなくいつも見守って下さるお方であり、いろいろな災いを遠ざけて下さるお方であり、どこに行っても守って下さるお方であると書かれています。この神様への信頼を持ち続けている限り、私達は決して倒れません。
*「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。」
神様の独り子はイエス様です。神様はイエス様を、私達の住むこの地上に遣わして下さったことによって、私達は神様のことを正しく知ることが出来るようになりました。そして、それまで神様を正しく知らないで生きてきた「罪」を悔い改めて、イエス様を信じることにより、永遠の命をいただけることが、(ヨハネ福音書)3章16節に記されています。
私達が、「神様、助けて下さい」とお祈りする、そのお祈りは、実は、イエス様が、神様に伝えて下さっているのです。私達のお祈りが神様に届くようになったのは、イエス様が十字架で死んでくださって、神様が私達の罪を赦して下さったからなのです。神様は、イエス様を3日目に復活させて下さり、今は、神様の元に戻られています。そして毎日の私達の祈りを神様に伝えて下さり、聖霊を送って下さっています。
それで、私達は、お祈りの最後に、必ず、「イエス様のお名前を通して」とか、「イエス様のみ名によってお祈りします」と祈るのです。
*讃美歌301番
「山辺(やまべ)に向かいて我(われ)、目を開(あ)ぐ、助けは何処方(いずかた)より来(きた)るか、天地(あめつち)の御神より 助けぞ 我に来(きた)る」
今朝、歌った讃美歌301番は、121篇の「わたしの助けは来る。天地を造られた主のもとから」が もとになって作られました。最後に、この御言葉と共に歩まれた「山本つち先生」についてお話したいと思います。
山本先生は、私が卒業した女子学院という中学高校の女の院長先生です。先生は学校のすぐそばに住んでおられました。学校では毎朝「礼拝」があり、礼拝前にはいつも301番の讃美歌のチャイムが流れていました。ある朝の礼拝で山本先生は、詩編121篇を読まれて、学校が火事になった時のことを話されました。その後、火事について書かれた本なども読む機会がありました。それによると火事は1949年5月に起こりました(私の入学前です)。午後10時、先生が寝ようとしたその時、不意に聞こえて来た女の人の叫び声と窓ガラスにうつる炎に、先生の家にいた皆が燃える校舎に駆けつけました。その後,近所の方々や消防や警察の方々にも助けられ、ピアノや机いすなど出してもらったそうですが、あとはすべて焼けてしまいました。焼けた校舎は、以前、戦争で焼けた後に一年前、苦労してようやく建った新しい校舎でした。その校舎が再び今度は不審火による火事で失われてしまったのです。翌朝何も知らずに登校してきた生徒達はショックで泣いたりしていたそうですが、先生は、火事以後、祈られた夜を過ごし、朝には、凛として焼け跡に立ち、礼拝で詩編121篇を全員で読み301番を歌い、目には見えない神様への信仰を語り、火事によって一人のけが人も出なかったことに感謝の祈りを捧げたとのことでした。
ここに、121篇「わたしの助けは来る。天地を造られた主のもとから」を確信して、自分に与えられた重荷を担って前に進む信仰者の姿を見ます。
この伝道所にも礼拝を知らせるチャイムを求めていたところ、幸いにも、女子学院の鵜﨑院長のご紹介で、女子学院チャイムと同じ音源を使用する許可をいただきました。このチャイムを聴きながら、私達はこれから何が起ころうとも、ゆるぎない神様への信頼をもって歩み続けていきましょう。

10月1日の説教要旨 「主の弟子として」 牧師 平賀真理子

詩編51:9-19 ルカ福音書14:25-35
*はじめに
本日の新約聖書箇所の大前提を確認したいと存じます。それは14章の1節にあるとおり、イエス様がファリサイ派と呼ばれる有力者の家へ招かれて、その宴会の席で語られた話であるということです。
*ファリサイ派の人々
ファリサイ派の人々は、神様からいただいた「律法」という決まりを守ることこそ、自分達ユダヤ人がなすべきことで、そのことで神様から「聖なる者」とされると信じ、人々にもそう教えていました。彼らはその律法の中で、特に「安息日に仕事をしてはならない」という教えを強調しました。安息日とは、一週間の内の七日目に神様を賛美する礼拝を行う日のことです。律法の大本である「十戒」には、「主の安息日にはいかなる仕事もしてはならない」とあります(出エジプト記20:10)。ファリサイ派の人々はその「仕事」の中に医療行為も入れ、病人を見ても、それが安息日なら、仕事の一種である医療行為をしてはならないと信じていたのです。だから、彼らは14節の2節以下に記された水腫の病人を癒したイエス様を、律法違反の罪で裁こうと考えました。一方、イエス様は、この病人を癒すことを第一とし、安息日かどうかは二の次だったのです。
*神の御子イエス様の教えによって明示されたファリサイ派の誤り
イエス様は神様の御子なので、神様の御性質を受け継いでおられ、苦しむ人々を目の前にするとすぐに救いたいと熱望し、そのように働いてくださる御方です。それに、神様の御心をこの世に為すことを第一にされていました。イエス様は、ファリサイ派の律法第一主義からくる弊害、つまり、自分達の教えを守らせることが第一で、人々を救うのは二の次という誤りを指摘されたのです。そして、ファリサイ派の人々は、その指摘に対して、反論が全くできなかったのです。
*「神の国の食事を受ける幸い」をほめたたえた客人
更に、イエス様はこの宴席で、招待する側と招待される側の問題点を見抜かれ、例え話をなさいました(14:7-14)。そこで、15章に出てくる一人の客人が、イエス様は「神の国での食事、宴会」について語っておられるとわかり、神の国で食事できる人の幸いをほめたたえました。この人は恐らく、ファリサイ派か、その教えに同調する人であったでしょう。
ファリサイ派はユダヤ教の一派ですが、このユダヤ教では、神様がこの世に「救い主」を遣わされて、それで人間は救われると教えていました。そのようにして「救われた人間」が神様と親しく心の交流ができる関係を、「神の国の宴会」と例える伝統がユダヤ教にはありました。その基本的な表現を知っていたと思われる、この客人は、今回のイエス様のお話の奥底には「神の国の宴会」へ人々を招きたいという熱い思いがあるとわかったのでしょう。ただ、彼の心の中には、招かれるのはユダヤ人、更に絞って、自分達ファリサイ派の人間であるに違いないという自負があり、それを見抜いたイエス様はその誤りを新たな「例え話」で指摘なさいました。
*「大宴会」の例え
16節以下の例え話が、何を例えておるのかを見ていきたいと思います。16節の「ある人」とは、聖書で言われている「神様」、つまり、イエス様を「救い主」としてこの世に派遣してくださった「父なる神様」です。そして、最初に招かれていた大勢の人というのが「ユダヤ人達」です。「ある人が大勢の人を招いた」というのは、神様が最初にユダヤ民族を選んで救い主派遣の預言をしてくださっていたことの例えです。そして、17節「宴会の時刻になったので」とは、「人々を救って神の国の交わりをさせる準備ができた」ことを例えています。そして、「僕(しもべ)」というのが、イエス様御自身を例えたものです。この話では、父なる神様の御計画に従って、この世に来られたイエス様は多くの人々に「神の国」に来るように招いてくださったけれども、ほとんどの人々が断ったことが例えられているわけです。
*神様の招きよりも自分の事柄や時を優先させる人間
「神の国の宴会」の招きを断る理由が、ここでは3つ、具体例が書かれていますが、まとめると、この世での仕事や富や人間関係を人々が優先しているのです。更に言えば、神様が「救いの時」と定めた時を尊重せず、自分が大事だと判断した事柄に、まず、自分の時を割いています。ユダヤ人の多くは、神様を尊重することが一番大事と教育されていたにもかかわらず、「神の時」を尊重しないで、「自分の時」を尊重している、そんな態度では、神の怒りを招くと、イエス様ははっきりと警告されています。
*「神の国の宴会」の招きを受けた私達
神様の招きをユダヤ人達が断ったので、神様は、「貧しい人々や体の不自由な人々」を招き、その次には、ユダヤ人でない「異邦人」が招くのだとイエス様は語られました。ファリサイ派から見たら想定外です。しかし、確かに、異邦人である私達が招かれ、救われました!私達は、神様から招かれた幸いを再確認し、周りの人々に伝えられるよう、用いられたいものです。

9月24日の説教要旨 「神の国への招き」 牧師 平賀真理子

詩編111:1-10 ルカ福音書14:15-24
*はじめに
本日の新約聖書箇所の大前提を確認したいと存じます。それは14章の1節にあるとおり、イエス様がファリサイ派と呼ばれる有力者の家へ招かれて、その宴会の席で語られた話であるということです。
*ファリサイ派の人々
 ファリサイ派の人々は、神様からいただいた「律法」という決まりを守ることこそ、自分達ユダヤ人がなすべきことで、そのことで神様から「聖なる者」とされると信じ、人々にもそう教えていました。彼らはその律法の中で、特に「安息日に仕事をしてはならない」という教えを強調しました。安息日とは、一週間の内の七日目に神様を賛美する礼拝を行う日のことです。律法の大本である「十戒」には、「主の安息日にはいかなる仕事もしてはならない」とあります(出エジプト20:10)。ファリサイ派の人々はその「仕事」の中に医療行為も入れ、病人を見ても、それが安息日なら、仕事の一種である医療行為をしてはならないと信じていたのです。だから、彼らは14節の2節以下に記された水腫の病人を癒したイエス様を、律法違反の罪で裁こうと考えました。一方、イエス様は、この病人を癒すことを第一とし、安息日かどうかは二の次だったのです。
*神の御子イエス様の教えによって明示されたファリサイ派の誤り
イエス様は神様の御子なので、神様の御性質を受け継いでおられ、苦しむ人々を目の前にするとすぐに救いたいと熱望し、そのように働いてくださる御方です。それに、神様の御心をこの世に為すことを第一にされていました。イエス様は、ファリサイ派の律法第一主義からくる弊害、つまり、自分達の教えを守らせることが第一で、人々を救うのは二の次という誤りを指摘されたのです。そして、ファリサイ派の人々は、その指摘に対して、反論が全くできなかったのです。
*「神の国の食事を受ける幸い」をほめたたえた客人
更に、イエス様はこの宴席で、招待する側と招待される側の問題点を見抜かれ、例え話をなさいました(14:7-14)。そこで、15章に出てくる一人の客人が、イエス様は「神の国での食事、宴会」について語っておられるとわかり、神の国で食事できる人の幸いをほめたたえました。この人は恐らく、ファリサイ派か、その教えに同調する人であったでしょう。
ファリサイ派はユダヤ教の一派ですが、このユダヤ教では、神様がこの世に「救い主」を遣わされて、それで人間は救われると教えていました。そのようにして「救われた人間」が神様と親しく心の交流ができる関係を、「神の国の宴会」と例える伝統がユダヤ教にはありました。その基本的な表現を知っていたと思われる、この客人は、今回のイエス様のお話の奥底には「神の国の宴会」へ人々を招きたいという熱い思いがあるとわかったのでしょう。ただ、彼の心の中には、招かれるのはユダヤ人、更に絞って、自分達ファリサイ派の人間であるに違いないという自負があり、それを見抜いたイエス様はその誤りを新たな「例え話」で指摘なさいました。
*「大宴会」の例え
16節以下の例え話が、何を例えておるのかを見ていきたいと思います。16節の「ある人」とは、聖書で言われている「神様」、つまり、イエス様を「救い主」としてこの世に派遣してくださった「父なる神様」です。そして、最初に招かれていた大勢の人というのが「ユダヤ人達」です。「ある人が大勢の人を招いた」というのは、神様が最初にユダヤ民族を選んで救い主派遣の預言をしてくださっていたことの例えです。そして、17節「宴会の時刻になったので」とは、「人々を救って神の国の交わりをさせる準備ができた」ことを例えています。そして、「僕(しもべ)」というのが、イエス様御自身を例えたものです。この話では、父なる神様の御計画に従って、この世に来られたイエス様は多くの人々に「神の国」に来るように招いてくださったけれども、ほとんどの人々が断ったことが例えられているわけです。
*神様の招きよりも自分の事柄や時を優先させる人間
「神の国の宴会」の招きを断る理由が、ここでは3つ、具体例が書かれていますが、まとめると、この世での仕事や富や人間関係を人々が優先しているのです。更に言えば、神様が「救いの時」と定めた時を尊重せず、自分が大事だと判断した事柄に、まず、自分の時を割いています。ユダヤ人の多くは、神様を尊重することが一番大事と教育されていたにもかかわらず、「神の時」を尊重しないで、「自分の時」を尊重している、そんな態度では、神の怒りを招くと、イエス様ははっきりと警告されています。
*「神の国の宴会」の招きを受けた私達
神様の招きをユダヤ人達が断ったので、神様は、「貧しい人々や体の不自由な人々」を招き、その次には、ユダヤ人でない「異邦人」が招くのだとイエス様は語られました。ファリサイ派から見たら想定外です。しかし、確かに、異邦人である私達が招かれ、救われました!私達は、神様から招かれた幸いを再確認し、周りの人々に伝えられるよう、用いられたいものです。

8月27日の説教要旨 「救われる者」 牧師 平賀真理子

詩編107:1-9 ルカ福音書13:22-30

*はじめに
「イエスは町や村を巡って教えながら、エルサレムへ向かって進んでおられた。(22節)」エルサレムで十字架にかかる、つまり、人々の罪を贖うという過酷なゴールに向かいつつ、イエス様は人々に「神の国とはどういうものか」を教える、宣教の旅を続けられたのです。

 

*「救われる者は少ないのでしょうか」(23節)
そこへ「救われる者は少ないのでしょうか。」という質問をする人が現れました。「救われる」とは、教会ではよく使われますが、「何から」救われると言うのでしょうか。それは「罪に染まり切っている状態から」です。更に言えば、「全知全能で良いもの全ての源であり、本当の愛を注いでくださる神様から離れている状態から」救われるということです

 

*神様が最初に造った姿とはかけ離れてしまった人間

聖書で言われている「神様」と人間とは、本来なら、人格的な交流ができるはずでした。ところが、人間の側で、神様の教えへの信頼よりも自分達だけの判断を優先したため、神様と交流できなくなる状態に自ら陥りました(参照:創世記3章)。本来、神様に繋がって生きることで幸いを感じるように造られた人間なのに、神様に繋がることをやめたなら、どんなにあがいても、本当の幸いには到達できません。様々な面で限界だらけの人間同士が自己中心で生き、限りある利益を自分の方へと奪い合う競争の世界、これが「罪の世界」「罪に染まり切っている状態」です。そして、人間は「罪のない世界」があることさえも知らされなければ、罪の世界を抜け出そうとさえ思えません。人間は知恵の上でも限界ある存在だと思い知らされます。

 

 

*人間が「救われて」、神様との本来の関係に戻るためには?
イエス様は、神の御子として「罪の世界」ではない世界=「本来、人間が置かれるべき、神様と繋がった世界、本当の幸いな状態」が確かにあると教えてくださったのです。罪の世界から人間が「救われて」本来の状態へ戻ることが起こりうると。それはイエス様を救い主として受け入れ、主の「十字架と復活」の恵みをいただいて神様に繋がれるということです。

 

*「狭い戸口から入るように努めなさい」(24節)

イエス様は23節の質問を受けて一同に対して「『救い』に入る戸口は狭い」と言われ、「救われる者」が少ないことを暗示なさいました。そして、その狭い戸口から入るように「努めなさい」と言われました。この「努める」という言葉は、元々は「苦闘する、戦いをくぐり抜ける」という意味を持っています。確かに、罪の状態で生きることが当たり前のこの世の中で、「神の国」の基準で生きるのは容易ではないと信仰者の多くが実感されているでしょう。まさしく「入ろうとしても入れない人が多い(24節)」のです。しかし、人間の罪深さにもかかわらず、神様が「救いの道」を用意してくださった、その深い愛に応えたいものです。

 

*神様が定めた「救い」のための時と方法に従える者は少ない!
25節―27節の話は、人々を救うためにこの世に来られたイエス様と、イエス様に出会った人々の例え話です。救い主イエス様は多くの人々が「救われる」ために町や村を巡り歩いて「神の国」に招いたが、いよいよ、十字架と復活の時になり、戸口を閉めると例えられる時になって初めて、事の重大さがわかり、「神の国」に入りたがる人が多いという例えです。彼らは、「主と一緒に食事をした」とか「教えを受けた」とか言い、知り合いだからと特別な温情をあてにして訴えます。しかし、救いの戸口を閉める時を決め、入る許可を出す権利は「主」にのみあるのです。「救い」のために神様が定めた時と方法に従える者は少ないのです。

 

*イエス様を救い主と受け入れた、新たな「神のイスラエル」として
主の御降誕以前の歴史では、神様からの召命を受けて信仰を貫いたアブラハム・イサク・ヤコブや預言者達は「神の国」にいるとイエス様はおっしゃいました。しかし、主の御降誕の後では、神様が先に救おうとされたイスラエル民族は、イエス様を「救い主」と受け入れなかったために、「救われる者」としては後になってしまい、神様の最初の計画では後回しになっていた異邦人が先に救われるようになる(30節)と、主は預言され、それは本当に実現しています!そして、今(新約時代)や、「イスラエル」とは、血統上の民族のことではなく、イエス様を救い主と受け入れる信仰を与えられた信仰者達を指すようになりました。主を信じる私達は、「神のイスラエル」(ガラテヤ書6:16)という名にふさわしく、主の恵みを受けて、信仰の戦いに勝利し続けられるよう、聖霊の助けを祈りましょう。

 

8月20日の説教要旨 「異言は己を、預言は人を造り上げる」 野村 信 先生(東北学院大学)

詩編145:8-16 Ⅰコリント書14:1-5
*はじめに
今日の新約聖書箇所から、使徒パウロが二つのことを述べていることがわかります。「①愛を追い求めなさい。②何よりも霊的な賜物を熱心に求めなさい。」ということです。しかし、この二つは実は一つのことです。
*霊的な賜物とは?
体が疲れた時、私達は栄養ドリンクを飲みます。霊的な賜物とは、心の栄養ドリンクのようなものです。かつて、私自身、どん底の状態にあり、沈んでいましたが、霊的な賜物をいただいたおかげで、生き返った体験をしたので、是非語りたいのです。しかし、これは私だけの体験ではなく、大勢のクリスチャンが書き残した物からも読み取ることができます。
*パウロと「異言」
まず、パウロが書いた「今日の聖書箇所」から見てみると、霊的な賜物には2種類あると言っています。異言と預言です。この2つは重なっているけれども、パウロは際立たせて区別しています。「異言」は聖書の元々の言葉であるギリシャ語では「グロッサ」と言い、「舌」とか「言語」という意味の言葉ですが、パウロは以下の2つの意味を含んだものを指していると見ることができます。一つは「異なった言葉」(例:使徒言行録2章にあるペンテコステの出来事)と、もう一つは「神秘を語る」ということです。14章2節でパウロが「異言を語る者は、人に向かってではなく、
神に向かって語っています。それはだれにも分かりません。彼は霊によって神秘を語っています。」と言ったとおりです。異言は聖霊によって語られた「言葉にならない言葉」です。私達は、「神秘」や「異言」を極めて非聖書的と考えがちですが、パウロは違います。同じ書の4章18節で、パウロは自分について「最も異言を語った」と述べています。
*「預言」が重点的に語られてきた末に
また、14章3―4節を見ると、預言は人に向かって語られ、人を造り上げるのであり、異言は自分(=己)を造り上げるとあります。この箇所が説教で語られる場合、多くの牧師は「預言」の方を重点的に語ってきたように思います。歴史的に見て、伝道において未熟な日本で、しっかりした教会を造り上げたいと願って、そのように語られたと言えるでしょう。しかし、21世紀に入った今、立派な建物の教会に、信者達が集まらず、そのために教会を閉めざるを得ない状況が世界中で起こっています。カトリック信者も少なくなっていますが、特に、プロテスタント信者の数の減少に歯止めがかかりません。同様に、私達が所属する日本基督教団の信徒数も減り続けています。何か根本的な
問題があると考えざるを得ないと思います。「預言」だけでいいのでしょうか。
*「異言」によって私達一人一人が活き活きと変えられる
長らく「異言」は不可解で怪しげだから、「預言」を重んじようと教えられてきました。「預言」はとても大切です。なぜなら、人を造り上げ、教会を造り上げるからです。しかし、今、教会に集う私達一人一人が、家庭でも職場でも、キリスト者として活き活きと生きているでしょうか。私自身も、かつては、聖書の教理とか教義、すなわち「預言」を語り続けてきましたが、10年ほど前には、かなりひどく落ち込んでいました。それは精神的な病気と症状は似ていましたが、違います。信仰の問題でした。信仰によって喜びや力が全然湧いてこないという状況でした。数年後に立ち直り、今や、神様のためにずっと働き続けても元気!となりました。己を造り上げることができたからです。しかし、私の周りを見渡しても、牧師や神学者の中に、つまり、「預言」を語る専門家達の中に、燃え尽きて抜け殻のようになっている人々がいることを知っています。(但し、預言=教理や教義は、300~400年かけて生み出されたキリスト教の柱であり、大切なものです!)
*パウロによる教えの再発見
パウロは、今日の聖書箇所で、「異言」を語る大切さを教えていたのです。すなわち、聖霊の働きの中で神様と語り合うこと・神秘を語ることは、「己を造り上げる」ことだと教えてくれます。私達は神様に向かう、または神様と語り合うということの大切さに気付かなくてはなりません。その中には、人間の言葉にはならず、人にはわからないものもあるかもしれませんが、神様に祈る・神様と語り合うことで、自分を造り上げることをおろそかにしてはならないのです。
*「異言」とは? ―歴史を振り返り、数々の著作や著者から―
では、具体的に「異言」とはどのようなものでしょうか。どのように行(おこな)ったらいいのでしょうか。歴史を振り返ると、優れた信仰者達を例として挙げることができます。彼らはしっかり書き残してくれたので、私達が知ることができます。彼らは、異言を存分に語って、力強く、立派な信仰者の生涯を送り、神様と人間に仕えて生きたことがわかります。
その筆頭はパウロです。パウロの書いた手紙の中に、パウロの「異言」と思える箇所がいくつもあります。例えば、「十四年前に第三の天にまで引き上げられた」(Ⅱコリント書12:2)とか、「被造物がすべて今日まで、共にうめき、共に産みの苦しみを味わっている」(ローマ書8:22)等です。
また、今日の旧約聖書箇所に挙げた詩編145編でも、この詩人は「造られたものすべて(万物)」が神様に感謝すると謳っていて、これも「異言」と言えます。
アウグスティヌスというキリスト教の立役者は、『告白』という名著を残し、自分の愚かしい、恥ずかしい過去を美しい文体で書きました。
普通の感覚ならば書けないような、自分の醜い過去を神様に告白する、つまり、神様に向かって語るという「異言」となっているのです。
アンセルムスという人も中世の思想家として名高い人ですが、『モノロギオン』『プロスロギオン』という著作の中で、「異言」が多くあります。
さらに、サン・ビクトールのフーゴーという修道士は、民衆達と一緒に聖書を読むために「絵巻物聖書」を作りましたが、彼の『魂の手付金の独語録』という本は、神様への燃えるような賛美を献げる中で、ほとんどが異言を語っていると言わざるを得ない内容です。
私の専門である宗教改革者のカルヴァンは『キリスト教綱要』という有名な教理的な書物を書き、ほとんど毎日1時間の説教をした人です。この説教を聴いていた、当時の1500人程の人々は、霊的な喜びと感動に満ち溢れていたのです。研究者達でこの説教の翻訳を続けています。
地味で飽きてくる内容ですが、これが「異言」です。よくわからない、あるいはあまりにもありふれたものなのに、実際は、霊的であり、神秘的であり、神の世界が広がっているような一時と言えます。
現代で、私達の知っている日本人では、八木重吉というクリスチャンの詩人がいます。彼は短い生涯の中で二千もの詩を残しましたが、「霊感の人」と言ってもいいでしょう。神秘の中で不思議を語った人です。
20世紀を生きた人に、神谷美恵子という人がいました。彼女は結局キリスト教の洗礼を受けませんでしたが、ほとんどキリスト者であると言えるような天才的な人でした。この人の日記の中には、不思議な神秘的な語りが何度も出てきます。また、著作『生きがいについて』で「変革体験(本当は「神秘体験」と名付けたかったらしい)」という箇所があり、これも「異言」の一種と言えるでしょう。
それから、カトリックの神父で、八ヶ岳で庵を編んでいた 押田成人という方がいましたが、彼の著書『遠いまなざし』も、ほとんど異言と言えるような不思議で神秘的な話です。私は、自分自身が霊的なものに触れて立ち直った後に、この方の本を読んだところ、内容が理解できるようになってきました。
*「異言」によって、己を高め、強めることができる!
今まで述べてきたように、「預言」は建徳的であり、人や教会を造り上げるものですが、「異言」は霊によって語られるもので、自分を造り上げるものです。一人一人が取り組むべきものであり、他人にはわからなくても、自分を高め、強めるものです。だから、パウロは「霊的な賜物を追い求めなさい」と言っているのであり、私達一人一人は、神様との対話の追求を行(おこな)っていきたいものです。
*「神の愛」を追い求める私達に、霊的な賜物が注がれる
今日の聖書箇所の直前のⅠコリント書13章は「愛の賛歌」と呼ばれる、愛についてのパウロの語りが出てきます。そして、14章の初めの第1節で、「愛を追い求めなさい。霊的な賜物を熱心に求めなさい。」とあります。
ここでの「愛」とは、「アガペー」とギリシャ語で呼ばれる愛であり、それは「神の愛」を指しており、神の御子イエス・キリストが十字架で死ぬことによってもたらされた「人間の罪の赦し」に示された「神様の無償の愛」のことです。
ですから、14章1節の「愛を追い求めなさい」とは「神様を・キリストを追い求めなさい」と同じです。神様と愛とは直結しています!だから、「神の愛」を追い求めると、そこから派生して、神様の豊かな、様々な霊的賜物が私達の上に注がれます。神様から賜る私達へのプレゼント、つまり、異言や預言をいただけて、神様に繋がります。実は、Ⅰコリント書の12章から14章までずっと霊的賜物について書かれており、神様を追い求めると、神様との交わりを持てると言えます。言い換えると「証し」です。これが自分にとってのかけがえのない神秘となり、私達一人一人は霊的な力を得て、活き活きと生きていけるのです!

8月6日の説教要旨 「悔い改めを待たれる主」 牧師 平賀真理子

詩編32:1-7 ルカ福音書13:1-9

*はじめに
イエス様が群衆に語っておられる時に、何人かの人々が来て報告したというところから、今日の箇所は始まります。

*「ガリラヤ人の血を彼らのいけにえに混ぜた」という報告の意味
ピラトは、ローマ帝国からイスラエルに派遣された総督であり、その支配により、イスラエル人々は苦しめられました。圧政が行われ、その支配に反対する人々は否応なく殺されてしまうこともありました。「ピラトがガリラヤ人の血を彼らのいけにえに混ぜた」ことについて、
ここで理解すべきことは、このガリラヤ人達がピラトによって殺されたことです。ローマ皇帝の権力を笠に着て、ガリラヤ人達を不当に殺した、しかも、その場所がユダヤ教を信奉する彼らが大事にする神殿の庭だったと推測できます。ユダヤ教が異邦人(ローマ人)から冒瀆されたわけです。

*「罪深い人間がひどい目に遭う」と考える者
報告者達は、殺されたガリラヤ人達が特に罪深い人々だったから、その罪の重さのために殺されたと思い込んでいるようでした。これは、ユダヤ教の中でも、特にファリサイ派の人々に特徴的な考えでした。彼らは、神様の御心に適うことを願い、それ故に、神様からいただいた「律法」と呼ばれた掟を守ることを何よりも大事にしました。だから、それを守れない人々を罪深いと見なして裁き、除け者にすることに熱心になりました。これは本末転倒、つまり、人間を救いたいと愛してくださる神様の御心から離れているとイエス様は教えてくださっています。

*神様の目から見れば、どの人間も同じように罪深い
イエス様にとって一番大事なことは、人々が互いに罪深いとなじり合うような、それこそ「罪深い状態」から救い出されることです。神様の目から見れば、どの人間も同じように罪深いので、人間同士で罪の軽重を争っても意味がありません。自分が神様の御心からどれ程離れているかを自覚し、神の御前で正しくなれるように祈り求めなければなりません。

*「あなたがたも、悔い改めなければ、皆同じように滅びる」(3節・5節)
一つの出来事を見て、当事者が悪いからだ!私は律法を守っているから、そんな目に遭うはずがない!ひどい目に遭った人が悪いのだ!同情する余地はない!と考えることは、神の国の民として適切ではなくて、自分にも同じように罪深くないのか、神様の御心に適った生き方をしているのかを悔い改めなければならないとイエス様はおっしゃっているのです。

*「悔い改める」とは?
「悔い改める」とは、自己中心の生き方を止めて、神様(の御心)中心の生き方に方向転換することです。「悔い改め」で気をつけることは、自分の悪い所やダメな所をただ反省するだけで終わってはならないということです。神様が現状の自分をどのように見ておられるかに思いを馳せ、御心どおりにできない自分をすべて、救い主の救いに委ね、その後は、(イエス様の救いを信じているならば)神様の御心に従えるはずだと確信しつつ、行動していくこと・生きていくことを祈り求めたいものです。ただただ、「私はダメな人間です~。」だけで終わるのは、信仰者として中途半端であることを肝に銘じたいと思います。

*「恐ろしさ」さえも用いて、人間の悔い改めを待たれる主
今日の箇所よりも前の12章の後半から、イエス様は弟子に向かっても、群衆に向かっても「恐ろしさ」を盾に人間に迫っているように感じます。これは、イエス様が「神の裁き」について大変な緊張感をもっておられたことを示しています。厳しい「神の裁き」に耐え得るため、信仰幼き人々に「悔い改め」が必要だと伝えようとなさったのです。一人でも多くの人間が、御自分の救いの御業の恵みの素晴らしさを理解できることを切実に願っておられたのでしょう。

*「実のならないいちじくの木」の例え(6節-9節)に示される主の御心
「ある人」とは「父なる神様」の例え、「園丁」とは「イエス様」の例え、「いちじくの木」は「イスラエル民族」の例えです。信仰の実を付けないイスラエル民族を滅そうとなさる「父なる神様」に対し、イエス様は、彼らが信仰の実を結ぶために様々な方法を試そうと時間をいただいたのです。(しかし、最後には「神様の裁き」が必ずあることを忘れてはなりません(9節)。)この猶予期間の内に、イスラエル民族ではなく、異邦人である私達が救いの恵みを受けました。全人類に対する、新たな救いを神様は考えて実現してくださったのです!人類を愛し、その救いのために働いてくださる父なる神様と御子イエス様に深く感謝しましょう!

 

7月16日の礼拝説教要旨 「救いの授受」 佐藤 義子

 詩編119105106・フィリピ21216

はじめに

「あなたはなぜ、今、ここに(この礼拝に)おられるのですか?」と質問されたら、クリスチャンは、「イエス・キリストを信じて救われたからです」と答えるでしょう。クリスチャンは、イエス・キリストの父である神様によって救いを授けていただいた者です。救いに与った(あずかった)私達は、その後、救いの道をどのように歩んでいるでしょうか。

教会は、「救い」が語られる場所です。教会でなければ聞けない言葉は、「神様の救いの御計画はイエス・キリストの出来事(十字架による罪の赦しの福音)によって実現された」ということです。そして救われるためには、「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたも家族も救われます。」(使徒言行録16:31)との約束があることです。

「ただ信ぜよ」(新生讃美歌91番)

十字架にかかりたる救い主を見よや。こは(これは) 汝が犯したる罪の為。(繰り返し)ただ信ぜよ、ただ信ぜよ、信ずる者は誰もみな救われん

2節:「死よりよみがえりし生命の主 知らずや。罪に死せる人よ、今 仰げ。

3節:イエスは 罪の為に苦しめる者をば憐れみて 救わんと招きたもう。

4節:罪より救われて、限りなき生命を望むものは、イエスに今 すがれ。

救い

すべての人は、罪に落ちていて救われなければならず、しかし人間は自分の力で救いを得ることは出来ません。それゆえ神様は、救いの御計画を立ててくださり、神の御子イエス・キリストを地上に送って下さった。この御子イエス様が、私達に代わって罪の裁きを受けて下さり、これによって私達の罪は赦された。これが福音であり、これを信じることが信仰です。私達人間は、自分の罪を悔い改め、福音を信じることによって救われます。人が救われるのは、まったく神様の恵みによるのであり、人間の知恵や知識や善行を積むことにはよりません。(なぜなら、誰一人、神の前で誇ることがないようにするためです。*1コリント1:29)

神様の一方的な恵みによって救われた時、私達は次の段階すなわち、救われた後の信仰生活へと進みます。

信仰生活

わたしの愛する人達、いつも従順であったように、私が共にいる時だけでなく、いない今はなおさら従順でいて」(フィリピ2:12)

「従順」の模範は、2:6-8に記されているイエス様の在り方です。イエス様は、「父である神様の御心に従って、人間の救いの為に自分を捨て、神の立場に固執せず、へりくだり、十字架の死に至るまで従順」でした。しかし私達にとって、「従順」は、夫と妻、親と子などの身近な関係を考えてみても決して簡単ではありません。まして神様の御心に、従順に従う生活をしていくことは、自分の力だけでは出来ません。

恐れおののきつつ自分の救いを達成するように努めなさい。」(同)

聖書は私達に、「従順」に加えて「恐れおののきつつ」と言葉を続けます。これは目に見える人やものに対する「恐れおののき」ではなく、自分の存在、自分の生と死すべてが神様の御手の中にあることを自覚する時、最終段階の、「神の御国に入り、永遠の恵みが与えられるという、救いの完成」を見上げることからくる「恐れおののき」です。「永遠に神様のもとで憩うという恵みの約束」の、その目標が偉大であるゆえに、私達の信仰生活は、神様の助けなしには歩むことが出来ないことを認めて、小さな誤りでも神様の前に「恐れおののく」真剣さを言っています。

あなたがたの内に働いて,御心のままに望ませ、行なわせておられるのは神です。何事も不平や理屈を言わずに行いなさい。」(13・14)

私達が信仰生活の中で、「神様に従順でありたい。自分の救いを達成したい」という願いが与えられるならば、その願いは、神様が働いて私達に与えて下さったのであり、そうである以上、救いを達成していくのに必要なすべてのことは、神様が実現へと導いて下さいます。 私達は時に、このことを忘れ、神様の働きのみに感謝すべきところ、自分の決心や努力を評価するような、サタンの誘惑を受けます。だから日々祈り、神様の力をいただき、助けていただきながら、神様に従順に、何事も「不平や理屈をいわずに」、救いを達成する道を歩みましょう!

7月2日の説教要旨 「ただ、神の国を求めなさい」 牧師 平賀真理子

詩編34:9-15 ルカ福音書122234

 はじめに

今日の新約聖書箇所は、山上の説教の中にもあり(マタイ6:25-34)、キリスト教会では有名な箇所の一つです。

 衣食住(この世での生活の必需品)に悩む人間

ルカによる福音書によれば、今日のお話はイエス様が弟子達に向かい、語られています。つまり、弟子達が食べ物や着る物に悩んでいたということになります。後の時代の信仰者である私達から見れば、約2000年前にイエス様の弟子達はなんと大きな恵みをいただいていたのだろうと思います。そんな彼らでも、「この世での生活」のための必需品について悩んでいて、イエス様が弟子達の心の中を見抜かれたのでしょう。直前の段落にある「愚かな金持ち」にあるように、人間の愚かさは、弟子達こそ、留意しなければならない問題であると、イエス様は示されているのではないでしょうか。

 命も、命に必要な物もくださる神様

ルカ福音書12章4節-21節を読むと、神様がすべての命を支配しておられるとイエス様は教えてくださっています。更には、命だけでなく、すべての命に必要な食べ物や着る物などについても、神様がそれぞれにふさわしいように配慮してくださることを今日の箇所でイエス様は証しなさっているのです。人間が価値が無いと見ていた烏(24節)や雀(6節)にさえ、神様はその命のために食べ物をくださるのだから、ましてや、鳥よりも神様に愛されている人間に対し、神様が必要な食べ物をくださらないことは決してないとおっしゃっています。着飾る物についても、人間界で最高の権力者だったソロモン王の豪華な衣服よりも、神様が養ってくださる草花の方が華やかで美しいのだから、人間はどんな権力者(所詮は人間)よりも、神様のご配慮に頼っていいと教えておられます。神様を全面的に信頼できているかが、弟子達には問われているのです。

 神様を全面的に信頼しようとしない人間

しかし、人間は、罪深さ故に、神様を全面的に信頼できないことが前段落「愚かな金持ち」に示されています。神様からの恵みである収穫に対する神様への感謝を忘れ、自分の知恵と力で生きていけると過信し、神様を無視するようになるのです。元々、神様の用意してくださった「命」という土台で生かされていることを、人間はすぐに忘れます。更に、この「愚かな金持ち」は、欲望に支配されて一人で楽しむ道を選んでいます(19節)。が、彼は、人間の本来の生き方に戻るべきでした。まず、恵みを神様に感謝し、次に、周りの人々と分け合う、そうして、神様とその人間との良い関係が深まり、神様の恵みが人々にも広まります。神様との縦の関係を強め、神様の栄光をこの世に広めることで横へ展開する、それが本来の人間の生き方だと思います。

主の十字架による人間の罪の贖い

とはいうものの、弟子達もそうであったように、私達も神様へ心を向けることよりも、この世での必需品を得ることに気をもんで悩むことがあります。

自分自身やこの世への思いが最優先となる罪からは簡単に抜け出すことはできないことを自覚せざるを得ません。そのような私達の罪のためにイエス様が十字架にかかって、贖ってくださった、その大いなる恵みに感謝です!

 「思い悩むな」(22節、29節)

そのイエス様が弟子達に向かって「この世のこと、衣食住のことで、思い悩むな」とおっしゃいました。「思い悩む」とは「心を労する」という意味です。私達信仰者が、疲れ切ってはいけない、更には、この世の悩みに支配されてはいけないと心配してくださっています。そのような思い悩みは、「本当の神様」を知らない異邦人の悩みだとイエス様は語られました。イエス様が証しし続けた「父なる神様」=「本当の神様」は、全知全能で憐れみに富んだ御方です。

そして、その神様の御子がイエス様です。私達はそのイエス様に繋がる「本当の弟子」であるならば、決して、本当の神様の愛から外れることはないのです。

「ただ、神の国を求めなさい」(31節)

ルカ福音書では、イエス様は弟子達に「ただ、神の国を求めなさい」と教えておられます。「神の国」とは、神様が王として治める、神様のご支配のことです。王様とか、支配とか言っても、暴君が行う好き勝手な統治ではなく、神様の愛や知恵や御力が溢れて行き渡る世界です。私達は「神の国の民」として、神様にまず心を向け、その恵みを感謝し、この世に広めることに専念しましょう。

6月25日の説教要旨 「人間の視点」 牧師 平賀真理子

詩編491421 ルカ福音書121321

 はじめに

イエス様の周りには、いつも多くの群衆が押し寄せました。イエス様のお話を聞くことで、多くの人々が希望を持ったことの証しでしょう。ルカによる福音書12章1節によれば、そのような中、イエス様はまず、弟子達に教えを語っておられます。ファリサイ派を中心とした反対派の偽善に注意すること、しかし、このような権力者達は人間に過ぎないので恐れる必要はなく、弟子達には本当の権威を持つ、父なる神様がついてくださっていると励ましてくださいました。また、この世で人間として歩まれたイエス様は、人間の弱さも重々ご承知の上で、御自分が悪く言われても、人々を救う救い主として、父なる神様に執り成して聖霊を送ってくださることも保証してくださいました。

 問題を根本的に解決をなさろうとするイエス様

そこへ、群衆の中から、個人的な願いを持ちかける者が現れました。この人の訴えに対し、イエス様は、表面に現れた、相続問題だけを解決しても根本的解決にならないことがわかっておられました。本人も認識できていない、深い部分に問題の根本があり、そこから彼を救う必要があるとイエス様は見抜かれました。相続問題の調停をするかしないかを言葉の上で明確に御答えにならず、そのような裁きをするために御自分がいるのではないと宣言なさいました。一見、愛がないように見えるかもしれません。しかし、イエス様の実践なさる「愛」と私達が実践する「愛」とは、内容が違うのです。前者は、人間の悩みや苦しみを根本的に解決したいと熱望して実際に働いてくださるものです。その範囲は無限、力も無限です。一方、後者は、相手の依頼を解決しようと試みますが、その視点は目の前のごく近い所・浅い所に絞られており、私達は、ごく小さな範囲しか気づき得ない、有限なものです。

 「どんな貪欲にも注意を払い、用心しなさい。」(12:15)

「貪欲」とは「もっと!もっと!」と欲しがる心です。この相続問題を抱えた人は、単なる法律の不正から相談に来ているのではなく、心の底に、この世の物、殊に財産(=お金)を欲する心(=欲望)に支配されていることを、イエス様は見抜かれたのでしょう。それはこの人だけの問題でなく、群衆一同、更には人類に共通する問題です。人間の普遍的な罪を根本的から救う、それが、本当の意味での救い主の役割であることをイエス様は自覚され、そのために働かれる姿勢を示してくださっていることがわかります。

聖書では、「貪欲は偶像礼拝にほかならない」(コロサイ3:5)とされて戒められています。人間は、神様から「命の息」を吹き入れられて初めて「生きる者となった」とされています(創世記2:7)。神様によって「命の息」が入る部分を、神様由来でない物で埋めようとしても満たされません。無限のものが入るべき所を有限な物で埋めることはできません。しかし、神様を忘れたり、背いたりする者は、この「不可能」に無謀にも挑戦しているのです。決して神様から祝福されません。

 「人の命は財産によってどうすることもできない」(12:15)

「人の命」の「命」という所に使われている単語は、元々の言葉では「永遠の命」という時に使う単語と同じです。イエス様は、「人間が神様に繋がって永遠の命を得る」ことが本当の幸いであり、人間にそのことを教え、本当の幸いをくださろうとなさっています。その「永遠の命」のためには、人間が作った物やこの世の物(お金を含む)、つまり、有限な物は何の働きかけもできません。

 この世での「命」を「主は与え、主は奪う」(ヨブ記1:21)

イエス様は、この時の群衆に合わせて、例え話をなさいました。16節から20節までの「愚かな金持ちの話」です。この金持ちは、まず、豊かな恵みをくださったのが神様であることを忘れ、神様への感謝を献げていません。更に言えば、「愚かさ」の一番の原因は、この世での歓びや楽しみの土台には「命」(原語では、15節の「人の命」の「命」とは異なる単語)があり、それを人間に与えたり、奪ったりするのは、神様であることを忘れていたことです。この金持ちは、神様から与えられた命のもと、収穫の恵みをいただき、自分で考えたことを実行することが、わずかの間、許されていただけだったのです。

 「人間の視点」、それに対して、イエス様の「神の前に」という視点

この例え話の結論の21節にあるように、罪の中にある人間の視点は「自分のために」です。一方、主は「神の前に」という視点を教えてくださいました。私達も主から学び、「神の前に」豊かになることを願って生きていきたいものです。

5月14日の説教要旨 「主は道、真理、命」 牧師 平賀真理子

詩編9819 ヨハネ福音書14111

 はじめに

今日の新約聖書箇所は、イエス様が反対派によって逮捕されて十字架に付けられるという出来事の直前に、弟子達にお語りになった「告別説教」の一部です。言わば、イエス様の遺言であり、とても重要なことを語られました。今日の箇所の内容を考える前に理解しておくべきことが2つあります。1つは、イエス様御自身が、御自分の近い将来の死(この世から去って、天に帰るということ)をおわかりなっていて、弟子達に予告しておられるということです。2つ目は、イエス様の御言葉を受け、弟子達が大きな不安に陥っているということです。

 「心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい。」

だから、イエス様は「心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい。」(1節)とおっしゃったのです。そして、これが、この箇所で、イエス様が弟子達に一番伝えたかったメッセージです。この後の2節から11節までは、このメッセージの理由を述べているのです。

 「弟子達を決してみなしごにはしない」(14:18)

イエス様は、弟子達を父なる神様の御許に迎える用意をするために、天に帰る必要があり、その用意ができたら、戻って来て、弟子達を迎えると約束されました。それを「わたしのいるところにあなたがたもいることになる」と表現されました。イエス様は死んで弟子達には見えなくなるけれども、それは一時的で、永遠の別れでもないし、弟子達を主は決してみなしごのように一人きりにしないことを約束してくださり、そのような絶対的な信頼を寄せてよいと保証してくださいました。

 「十字架」という道を通って、「天に帰る」イエス様

イエス様は御自分がどこに行くのか、また、その道をも弟子達は知っているとおっしゃいました(4節)。御自分が天から来て、今や天に帰ること、そして、それは、人々の罪の贖いのために、最もへりくだった死(十字架)という道を通ることを、弟子達は教えられていたにもかかわらず、実際は、理解できていなかったことが、5節の弟子トマスの言葉でわかります。「主がどこへ行かれるかも、その道もわかりません。」弟子達のこのような無理解に対し、イエス様は更に御言葉を重ねて教えてくださいました!

 「わたし(イエス様)は道であり、真理であり、命である。」(6節)

①「わたしは道である」この直後に「わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない。」(6節b)と説明されています。救い主イエス様の重要な役割は、父なる神様の御心を行うことです。では、「父なる神様の御心」とは何でしょうか。ヨハネ福音書6章40節にあります。「わたしの父の御心は、子(イエス様御自身)を見て信じる者が皆永遠の命を得ることであり、わたしがその人を終わりの日に復活させること」だとイエス様が語っておられます。「子を見て信じる」とは「何を信じるのか。」というと、イエス様を救い主だと信じることです。救い主として最も大きな役割は人間の罪の「贖い」=「身代わりに償うこと」です。神の御子ならば、人間のように「罪がある」わけではないのですが、イエス様は、人間の罪の贖いのために「神の御子の死」という尊い犠牲を引き受ける必要がありました。その結果、神様と人間を隔てていた罪が埋め合わされ、人間が神様に至る「道」ができました。だから、人間にとって、イエス様の十字架は自分の罪の贖いだと信じることが、神様に繋がる「道」となるのです。

②「わたしは真理である」ここでの「真理」とは、神様に関わる文脈で使われていて、科学や哲学で使われる「真理」とは次元が違います。この「真理」とは、元々のギリシア語では「アレテイア」という言葉で、「隠されていたものが明らかになる」という意味があります。「隠されたもの」とは神様のことです。8節の弟子フィリポのお願い「父なる神様を見せてください」に対する、イエス様の御言葉「わたしを見た者は、父を見たのだ」にも答えが暗示されています。ここでの「真理」とは、人間の目には見えない、隠された父なる神様が、この世で、人間として明らかになったのが、イエス様御自身のことだというわけです。

③「わたしは命である」イエス様は、自分達も死ぬかもしれないという弟子達の不安を取り除きたいと思われたのでしょう。御自分を救い主として信じて従うことは、父なる神様に繋がることができる、即ち、「永遠の命」をいただける、大いなる希望の道であると伝えたかったので、御自分を救い主と信じる者達は、心を騒がせるなとおっしゃったのです。私達も時空を超えて「弟子達」の一人一人と言えます。ですから、偉大な救い主イエス様への信仰を貫きましょう!